お盆の道東早巡り 2019.08.14 サロマ湖の秋の空

  お盆休みはゴルフが続いた。14日の早朝4:00にMoさんに迎えに来てもらい出発する。道央道の比布ジャンクションでサロマ行を決定、一路サロマ湖を目指す。 サロマ湖を一望できる展望台を探すと幌岩山(376m)への林道入口を発見。 約5㎞の砂利道を登る。 結構な数の車が戻ってくる。 同じような考えの人達が多いらし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑い夏 2019.08.04 創成川の夜明け

暑い日が続く、8月に入り3日の土曜日は積丹に行ってみたが、風が強く良い写真は撮れない。4日は早朝、創成川のポプラ並木を撮りに出かけてみた。冒頭の写真は創成川にカモが遊ぶ。遊ぶというか、朝食のようだ。 カメラはSONY DSC-RX10M4 望遠でさくさく撮れるのがストレスが溜まらず良い。 3日の積丹から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道東の旅 2019.07.20~21 風連湖、野付、摩周湖の旅

仕事で根室出張、19日と22日に仕事があるので、土日の20,21日は道東を観光しながら撮影を楽しんだ。 冒頭の写真は風連湖の春国岱を訪れて、すぐ見つけたテトラポットの上で休むオジロワシ。 猛禽類の美しさだ。 カメラはSONY DSC-RX10M4 望遠一杯で撮れたポートレート …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニセコに遊ぶ 2019.07.13~15 カヌーと登山とラフティング

今年も海の日を挟む連休に東京から山仲間が来た。初日は支笏湖でカヌー遊び。 湖畔のアウトドア「かのあ」に13:00に集合。 生憎の小雨の中、支笏湖から流れ出る千歳川の源流に行く。 冒頭の写真は源流に掛かる土木遺産の山線鉄橋。 カメラはSONY DSC-HX90Vのコンデジをズボンのポケットに入れた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

知床岬クルーズ  2019.06.29  カムイワッカに羆を見た

今年の天狗会(ゴルフの会)の遠征は釧路CC鶴居コース、名門でのラウンド。2004年にも会でラウンドしているが、今年の状態は非常に良かった。 もともと、名門の誉れ高いCCで、コース内のミズナラの大木はコースに枝を伸ばし、狭いフェアウェーを一層狭くし、非常に難しい設定になっている。 札幌から高速利用で約4時間半、午後からのス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

根室花咲の車石 2019.06.25 放射状節理の奇岩

根室での仕事の早朝、花咲港付近にある天然記念物「車石」を初めて見に行った。なるほど奇岩だ。この生成過程考察の説明看板があったので、後で載せる。 放射状節理という溶岩の塊だそうだ。 根室は霧が多い、24日はとても良い天気で中標津空港からのレンタカーのドライブも快適だった。 しかし、夕方…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

積丹賽の河原 2019.06.14 22年振りに訪れて

積丹半島の南側に秘境と呼ばれる「賽の河原(西の河原ともいう)」というところがある。霊場のように玉石がごろごろしていて、かつてはたくさん積まれていた。カメラはSONY α7M2 14日は14時まで仕事をして、週末が天気が悪いので積丹半島に出かけた。 カメラはSONY α7M2にVario-Tessar FE 4/16-35…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春国岱の初夏 2019.06.06 根室風連湖の巨大砂洲を行く

仕事で根室へ、空いた時間で撮影タイム、風連湖の春国岱で丹頂の親子を撮る。生後ほぼ1ヵ月の雛を番の親が付きっきりで見守る姿は微笑ましい。 5日に新千歳空港から根室中標津空港へ飛び、レンタカーで根室入り。 カメラのSONY DSC-RX10M4も持参した。 翌6日の早朝、朝食前に花咲港へ行ってみた。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オオムラサキの幼虫 2019.06.02 栗山町のオオムラサキ館

ゴルフのラウンド後、新聞に記事の出ていた栗山町のオオムラサキ館に寄ってみた。 冒頭の写真は国蝶のオオムラサキの幼虫(いわゆる青虫)だが、とてもひょうきんな顔をした愛くるしいヤツだ。 カメラはSONY DSC-RX10M4 冒頭の写真は館に展示してあるパネル写真を写したもので、残念ながら自作ではない。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エゾオオサクラソウに会いに 2019.05.25 日高楽古岳の麓

久しぶりにゴルフの無い週末、天気も良く気温も高くなる予報。エゾオオサクラソウに会いに南日高の楽古岳(らっこだけ)の麓を散策する。 何年か前の大雨による洪水で沢様相が変わり、登山路にたくさん咲いていたサクラソウがかなり少なくなっている。 前日から登山の用意をしておいて、札幌を 3:20 に出発する。 カメラはSO…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヒマラヤの青いケシ 2019.05.18 百合が原公園内に咲く

ゴルフばっかりで撮影に出かけられずにいる。4,5日前の新聞に百合が原公園の温室で「ヒマラヤの青いケシ」が咲いている、というニュースを見て昼からのゴルフの前に出かけた。 高齢者なのでフリーパス。 午前も早い時間だったので、まだ入場者も少ない。 入ってすぐのところに鉢植えのケシが10鉢ほど置かれている。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

松前の桜祭り最終日 2019.05.06 函館泊まりでゆっくりと

松前の夜が明けた。 まだ雨は降っておらず辛うじて晴れ間も出ている。5:30 に宿を出て一人松前城の桜を観に出かけた。八重の桜「南殿」のアーケード カメラはSONY DSC-RX10M4 早朝ながらもうちらほら花見をする人がいる。 宿からは搦手門がすぐなので、城内には容易に入ることができる。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

松前の桜まつり 2019.05.05 GW後半の道南旅

例年桜祭りを観に行く松前、今年の桜はどうか、そして天気はどうか、宿を取っているから今年は特に気になる。車中泊なら天気の良い時に行けば良いのだが、宿の予約は数か月前なので天気は選べない。 冒頭の写真にあるように、とても素晴らしい天気と桜の開花時期がぴったりの旅だった。 カメラはSONY DSC-RX10M4 今年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成最後の日 2019.04.30 平成は40歳から71歳まで

平成最後の日、今日も天気が良い。早朝から石狩川河畔のマクンベツ湿原に、水芭蕉の撮影に出かけた。 最盛期を過ぎて葉が大きくなっていたが、まだ白い苞は美しさを保っていた。 カメラはゴルフの途中で撮影するコンパクトデジカメ以外はSONY DSC-RX10M4 最近の写真を載せる。 4月18日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

襟裳岬の撮影 2019.04.13 札幌は快晴、最高気温は17℃

天気が悪く寒い日が続いていたが、急に気温が17℃、それも日曜日まで天気が良いらしい。シュラーフを積んで撮影ドライブに出かけた。 目的地は襟裳岬、穏やかな日高路をドライブし、十勝に回り込んで日高山脈でも撮影しようと 9:00に出発した。 冒頭の写真は支笏湖、直接苫小牧に出て無料の日高高速に乗ろう、と、通ってみた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの函館大沼 2019.03.30 快晴の見晴らし

再び函館で仕事、30日の朝4:00に札幌を出発。快適なドライブを楽しんだ。 冒頭の写真は8:15の大沼の定番構図。 カメラはSONY DSC-RX10M4 喜茂別を過ぎてようやく夜が明ける。 羊蹄山に春霞を期待したが、すっきりと晴れている。 孤高の朝 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

藻岩山夜間登山 2019.03.23 樹間の街の灯撮影

せっかくの週末はまたも天気が悪い。朝から雪が降った。それで温めていた藻岩山の夜間登山を試みた。 札幌の夜景は新日本三大夜景に選ばれている。 山頂からの夜景は観光客も大勢いて、時間帯にもよるが三脚を立てる余地もないぐらいだ。 それで、今回は画像は荒れるが三脚を持たずに手持ち撮影で通した。 冒頭の写真は登山途中の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウトナイ湖の夕景 2019.03.17 夕方の好天に期待して

この週末は天気は悪い予報で、まだ雪が降るようだ。 日曜日17日の夕方に天気になる、と天気予報を信じて昼過ぎに札幌から支笏湖経由で苫小牧に向かう。 冒頭の写真はウトナイ湖の夕景、岸辺にアオサギが憩う。 16日は雪、乾いた景色も一面白くなった。 枝に積もる雪が春の淡雪でとても美しい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シューパロ湖 2019.03.09 まだ全面凍結していた

シューパロ湖は大夕張ダムの貯水量を増すために作られたシューパロダムでできた湖だ。 多くの住宅や建物、田畑が沈む。 今は全面結氷していて水面はまだ雪原だ。 湖岸の道路からは夕張岳への登山口もあり、夕張岳も見える。 その夕張岳を撮るために早朝4:00に札幌を出発した。 カメラはいつものSONY DS…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

利尻富士の撮影 2019.03.03 早朝のサロベツ原野

3月に入り、天気予報は稚内地方は土日午前中晴れ。最近は降雪も少なく、例年に増して気温が高い。 道路の雪もほとんど融けた。例年より3週間早いそうだ。 これは白い利尻を撮る絶好の機会と稚内行を決める。 2月までの日本海は天候が荒れるので、絶対走りたくない。 2日は午前中仕事、午後から出かけたが稚内は遠い。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上富良野からの眺望 2019.02.24 朝陽を背負った十勝岳

前日は出そびれ、24日の4:00に寝すぎたが札幌の自宅を出発した。 上富良野からは十勝岳は東に位置するため、朝陽を背に受けることになる。 実際には芦別岳が朝陽を浴びることになる。 今回は上富良野の丘陵と十勝連峰、朝陽の当る芦別岳がテーマだった。 高速利用で滝川から芦別を抜けて富良野へ、上富良野の丘(千…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奄美大島紀行 2019.02.12~15 田中一村の世界

長年念願であった田中一村の絵に会いに、記念美術館のある奄美大島に渡った。常設展と特別展が開催中で、圧巻の絵を直に見ることができた。 巡回展が多いので、この地での常設展示会は期間が短い。 昨年が生誕110年であった。 パリでも展覧会があったようだ。 https://bijutsutecho.com/magazi…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タウシュベツ橋梁の夜明け 2019.02.11 アイスバブルに遭えた

糠平温泉を4:45に出発、五の沢橋梁駐車場にはもう数台の車が止まっている。ワカサギ釣りの人が半数、後の半数は写真狙いだろう。 冒頭の写真は6:00に橋梁近くで雪を撥ね退けて、ヘッドランプの明かりで見えたアイスバブル。 駐車場で身支度をすばやく整える。 気温は-15℃ぐらいだろう。 車外気温を見るのを忘れた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

十勝に遊ぶ 2019.02.10 上士幌バルーンミーティング

11日に層雲峡で仕事が入った。三連休でどこに行こうか、考えていたが、帯広から入って上士幌、糠平、三国峠を経て層雲峡に入ることにした。 上士幌は確か気球が有名だなぁ、とネットで探してみると、9,10日でバルーンミーティング(競技)が開催されている。 9日は仕事だったので、10日の早朝に出発することにした。 前日20:…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オホーツクの流氷を観に 2019.02.02 紋別ガリンコ号乗船

オホーツクの網走に流氷接岸のニュースを見て、札幌の雪まつり前に行こうと、宿とガリンコ号の予約をした。 一人なら車中泊でも良いのだが、寒さが厳しいのでホテルを取った。 ガリンコ号はすべて予約でいっぱいだったが、ダメ元で電話を入れたら、二人ぐらいなら空きがあるとのこと。 2月1日に病院の診察を終えて、昼ごろに札幌を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬の道東撮影-2 2019.01.14 釧路湿原の夜明け

釧路湿原展望台から歩くこと20分、サテライト展望台があり、樹木に邪魔されずに一面の湿原を撮影できる。 前々日にこの場所を知り惹かれるものがあった。 14日は5:00に釧路のホテルを出発、コンビニで朝食を摂り、湿原展望台に向う。 駐車場には一台の車もいない。 すっきりと晴れてて星空が見える。 近く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の道東撮影ー1 2019.01.13 野付半島の夜明け

冬晴れの道東、三連休を利用し、風邪も良くなっていないが車にダウンシュラーフを積んで出かけた。 冒頭の写真はサテライト展望台より夜明けの釧路湿原を見下ろす。 今回の旅では二つの新しい撮影ポイントを探しあてた。 一つはこのサテライト展望台、もう一つは鶴居村の伊藤サンクチャリー。 どちらも知っている人は知っている施…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトマンドウの披露宴 2018.12.22 ネパールからの帰国

カトマンドウでの結婚披露宴、今日は500人の訪問客の予定。 壇上には新郎新婦、新郎家族と在ネパール日本国大使館 特命全権大使夫妻も来てくれた。 新郎父の交友の広さがわかる。 新婦家族も加わって ホテルの庭を貸し切りで立席のパーティ会場 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトマンドウの一日-2 2018.12.21 パタンの博物館

カトマンドウで夕方、古寺のある「パタン」に来ました。 喧騒は人と車、クラックション、とにかく凄い。 このパタンに入るのにも1000ルピーを払いました。 日本円で1000円で震災復興の基金を募っているようです。 これに博物館に入る料金も含まれていました。 その前にこの日の朝、ナガルコットのトレッキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトマンドウの一日 2018.12.21 超一流ホテル視察

ナガルコットから戻り、カトマンドウの披露宴の前日、カトマンドウの超一流ホテルに昼食を摂りに出かける。 各国の要人やアーティストなどが宿泊するホテルで、丹下健三氏も宿泊したことがあるという。 「ドウワリカ ホテル」 新郎のお父さんが総支配人を務める。 オーナーは親族の女性、亡くなった旦那さんが建築家でこのホテル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ネパール入り 2018.12.19 陸路国境越え

ダージリンからネパール国境を目指し、街道沿いのホテルに宿泊。翌朝、ホテル前の高速道路建設現場から路傍を写す。ゴミを捨てている場所に豚が野放しになっている。 これが幹線道路 確かに近代的な建物や道路などは少し新しくなってきているが、街道沿いの景色は47年前のインドの喧騒と変わらない。 ホテルで朝食の後、新郎の両親…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダージリン観光 2018.12.18 唯一雨の日

インド カリンポンでの結婚式、披露宴を14日~17日で終えて、ネパールのカトマンドウ(カトマンズとは言わない)に向かう途中、新郎が小学生から高校生まで過ごしたダージリンの寄宿学校を見学する。 道中11日間、唯一の雨の日だった。 カリンポンも高所にあるが、ダージリンも高所だった。 道中の道路は幹線道路ながら、曲がりく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒマラヤの頂-2 2018.12.16 第三位の高峰カンチェンジュンガ

帰国して再度カンチェンジュンガのブログを継続する。インドのカリンポンの丘に早朝車で登り世界第三位の高峰(8,586m)の夜明けを撮影する。 冒頭の写真は6:13朝陽が当たる前に山全体が紅く染まる、モルゲンロートだ。 新郎のお父さんにお話しを聞くと夜明け前から陽の出た2時間の間に七色に変わる、撮影するなら5:00にホテルを…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ヒマラヤの頂 2018.12.16 第三位の高峰カンチェンジュンガ

インド北東部の街「カリンポン」で知人の結婚式に参加。その翌日早朝に世界第三位の高峰「カンチェンジュンガ」を撮影に街の最高峰の丘に登る。 現地時間5:48ようやく日の出前だが、ヒマラヤの峰々が紅く染まり始める。 デオロヒルの山頂からならカンチェンジュンガが見えるのでは、と思い新郎の父に相談す…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ネパールの結婚式 2018.12.15 七つの儀式

15日は朝から婚礼の儀式、ここはインドのカリンポンですが、ネパールに近く、ネパール式の結婚式です。 花嫁は日本人、新郎がネパールの人です。 初めての海外の結婚式に知人として出席しました。 以下、儀式の内容は詳しいことは良くわかりませんので、写真主体で掲載します。 気候は冬とはいいながら、乾季で快晴が続…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今インドにいます 2018.12.15  これから知人の娘さんの結婚式

知人の娘さんの結婚式に彼女の祖父(亡くなった恩師)の代りに出席します。ネパールの人との結婚式を日本で今年の3月に開き、今度は新郎父方の実家のあるインド東北部のカリンポンで結婚式と披露宴、お父さんの働くネパールのカトマンズで披露宴と、連続で式に出席するため、14日未明に羽田を発った。 千歳から羽田、羽田からバンコク空港、インド・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初冬のウトナイ湖  2018.12.02 夕景と朝景に挑む

今年も12月に入った。何かと気ぜわしい月になるが、苫小牧の宿が取れたので「北の板さん」での食事も含めてウトナイ湖の夕方と早朝の撮影に挑戦する。 冒頭の写真は日曜日の2日の早朝、日の出前のウトナイ湖のハクチョウ。 朝陽の赤い湖面のさざ波模様が美しい。 カメラはSONY DSC-RX10M4 カミさん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おのぼりさん-1 2018.11.25 博物館・美術館巡り

東京科学博物館の天井、漆喰塗りの天井ドームは美しい。 25日は日曜日だが夜に東京で用事があり、一週間前から航空機の空席状況を調べ、三連休の最後の日曜日の朝一便は空席があることを確認。 毎日チェックしていた。 千歳~羽田へのANA一便は7:30発、5:00に札幌の自宅を車で出かけて、行きつけの駐車場に預け、空港フロン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

苫小牧北大研究林 2018.11.18 曇天で放射冷却無し

天気予報の気温1℃を信じて、札幌を4:30に出発、ウトナイ湖には6:00前に着いて夜明けを待つ。 日の出は6:23、しかし陽の光は射さない。 曇天で放射冷却無し、ケアラシも霜も降りていない。 しかも曇天。 まあ、こんなこともあるだろう、先回見ていなかった草原の観察小屋を観に行こう。 冒頭の写真は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ズワイガニを食べる 2018.11.6 本場オホーツク紋別にて

オホーツク紋別で仕事。これ幸いと車中泊して、その夜はズワイガニを食べる。 宿泊地は紋別の道の駅、流氷科学館のある駐車場。 冒頭の写真は7日の朝道の駅からの光景。 流氷タワーとオホーツクの海が明ける。 紋別へは旭川経由の高速道路を利用し、270㎞。 途中休みながらも4時間半で着いた。 仕事を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウトナイ湖晩秋 2018.11.03 朝陽で燃える湿原

小春日和の予報に日の出のウトナイ湖を撮影しよう、と4:30に札幌の自宅を出発する。 日の出とともに湿原の草木に着く霜と水面から立ち上る霧(湯気)に、湿原は陽光を浴び燃えるようだった。 高速道を千歳空港ICで降りて、国道36号線ウトナイ湖道の駅手前の湖岸の野鳥観察小屋を目指す。 2年ほど前にこの辺りで岸にいた白鳥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晩秋の十勝 2018.10.24~26 中札内・鹿追・然別湖

仕事ついでにかんの温泉「こもれび荘」と養老牛温泉「湯宿だいいち」で湯治をしてきた。 冒頭の写真は六花亭中札内美術村に行ってみたが、二日前の22日で冬季休業に入っていて、園内の一部だけを撮影した。 楢林の紅葉がすばらしく、下草も枯れて落ち葉に埋もれていた。 先立つ21日は恵庭でゴルフ、その早朝に恵庭渓谷で…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大雪山冠雪 2018.10.19 層雲峡、三国峠、そして天人峡

18日は層雲峡で仕事、雨の高速道路を走りながら、大雪山は雪だろうなぁ、と嬉しくなる。 前日に車のタイヤをスタッドレスに変えた。 冒頭の写真は19日、忠別ダム湖から大雪山を見る絶好の場所、美しく冠雪し湖岸の紅葉の上に聳える。 層雲峡の仕事の前に銀河の滝の撮影に向かうと、売店の中央に双瀑台への登…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

札幌の秋 2018.10.12 雨上がりの円山公園

写真の個展「北の幻想風景」は無事終了した。6日間であったが、連日5~60名の方が来場され多くのご意見、ご批評をいただいた。 様々な地域と季節を問わず展示したもので、私の個性の表出でありながら、我慢強く見ていただいた。 この経験は糧になる。 次の展示のための参考になる。 また、一つの区切りと新たな創作活動になれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真個展の開催 2018.10.09~14 札幌です 

写真の個展の準備を整えた。8日はOi氏に手伝ってもらって、朝の10:00~15:00までかかった。 開催期間は10月9日より14日まで、10:30~18:30、最終日は17:00まで。 南2西3のラ・ガレリア 5階さいとうギャラリーB室。 10日はミニパーティを17:00から予定している。 以前、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

αCafeランクアップ 2018.09.29 Campione到達記念

SONYの写真投稿サイト「αCafe」に初めて投稿したのが、2016.03.16。以来ほとんど毎日投稿して2年6ヵ月と14日で最高位の「Campione」に到達した。 何万人いるかわからないCafe住人の中で、実に88番目のCampione(なぜかイタリア語、読みでカンピオーネ)になった。 投稿した写真に「いいね(bra…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十勝岳登山 2018.09.16 中札内美術村も訪ねて 

数日前に天気予報が雨から晴れに変わったので、大雪山縦走の翌日は同じく日本百名山の十勝岳を目指した。 層雲峡温泉を朝食のバイキングも摂らずに、5:30に出発する。 層雲峡の7-11はスキージャンプの高梨沙羅選手の実家が経営している。 そこで食料類は確保できたが、スポーツ飲料は無かった。 震災の影響で物流にま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大雪山縦走 2018.09.15 旭岳から黒岳へ

胆振東部地震から一週間、未だ余震の続く中、かねてより計画していた日高最高峰「幌尻岳」のテント泊登山を地震・台風被害情報が乏しいので、急遽大雪山縦走に変更し実行した。 山友のMoさん、Arさん、東京から参加のTaさん、Waさん(日本百名山登山中)の5人で縦走する。 旭岳から黒岳への縦走はほぼ8時間の山行だが、出発と到着の地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震 2018.09.06 3:08 ブラックアウトの恐怖

胆振東部地震で突き上げるような振動で未明に眼が覚めた。停電、余震が続く中、私の山の道具、カミさんが用意していた防災ザックを集めて、山ラジオとヘッドランプ、懐中電灯を取り出して、情報の確認と水道水が出るようなのでポリタンクにかなりの量を蓄えた。 そうしておいて、次の余震に備えた。 棚から少し物が落ちた程度で、食器などの破損…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more