冬の道東撮影ー1 2019.01.13 野付半島の夜明け

画像

冬晴れの道東、三連休を利用し、風邪も良くなっていないが車にダウンシュラーフを積んで出かけた。

冒頭の写真はサテライト展望台より夜明けの釧路湿原を見下ろす。

今回の旅では二つの新しい撮影ポイントを探しあてた。

一つはこのサテライト展望台、もう一つは鶴居村の伊藤サンクチャリー。

どちらも知っている人は知っている施設で、私が初めてなだけ。




12日の昼前に札幌の自宅を出発し、高速道路の道東道をひた走る。

夕方になった釧路湿原展望台の屋上に登る。

最近は近くの駐車場の樹木が大きくなり撮影に適さないので、有料の展望台に入った。

残念ながら阿寒の山々には雲がかかり、見えない。

夕陽を浴びる釧路市街
画像

カメラはいつものように SONY DSC-RX10M4










大楽毛の王子製紙
画像


この展望台のパンフに周遊の遊歩道があることが記載されている。

すぐ傍から回ることができ、サテライト展望台の文字が眼に飛び込む。

これは、と思い出かけてみるがもう暗くなりすぎ、陽も沈んでいるので湿原に明かりは入らない。

断念して、釧路鳥取のラーメン店「仁」に向う。

いつものようにワンタンメンを食べる。

ここの鶏がらスープと細い縮れ麺のワンタンメンは抜群だ。



お腹を満たして野付半島に出かける。

夜道を130km、途中新雪の積もった道路を慎重に走る。

尾岱沼漁港に着いたのは20時を少し回っていた。

いつもの駐車場で車中泊。

WALKMANでジャズを聴きながら寝入る。



明け方寒くて眼が覚めた。

頭の方から冷気が入っている。

しぼり方が悪かった。

極寒用のシュラーフなのでいつもは下着だけで寝るのに、やはり風邪が治っていないのだろう。

目覚めたものはしかたがない、トイレを済ませて半島に向う。

13日は日曜日で、ホタテ漁もお休み。

暁の出航は見ることができなかった。


半島に入ると風が強く、内海と外海の最短横断距離50mの道路は外海の波しぶきをあびそうなぐらいだ。

夜が明ける前の半島は美しい
画像










後を振り返ると斜里岳が浮かび上がる

暗いのでISO感度が相当上がり、画像の質が落ちている
画像











エゾジカがたくさん活動している。

この時期は雌鹿のグループと雄鹿のグループに分かれて群れている。

雄鹿の角が立派な時期なのでこちらを追う。
画像










内海は凍り白い雪原になっている

まだ日の出前
画像











風が強く、気温はそれほど低くはないものの、薄手の手袋はしているが、1分もシャッターを押していると痛くなる。
画像










6:48 ようやく陽が登る。

陽を入れて鹿を撮ろうと背の低い笹の中に足を踏み入れると、鹿が驚いて走りだす。

夏は足が沈む湿地帯だが、この時期は少しの雪がある程度で足場は良い。

逃げる鹿を追う。
画像











逃げて氷上を走る
画像











疾駆する姿を追う
画像











朝陽の当る草むらにもいる鹿を斜里岳をバックに
画像











今日の天気予報では、知床方面は雲が掛かり、といっていたが見事に外れている。

浮き玉を手前に入れて知床連山を
画像













カモメ飛ぶ荒海の上に白い連山が浮かぶ
画像











8:01 薄氷が張る尾岱沼漁港から知床連山を
画像












ここから雪の無い道路を厚岸に向う

厚岸の手前、ベカンベウシ湿原の野鳥観察小屋に寄る

眺めは良くないが凍った湿原の中で魚を釣っている風景が眼に止まる。

ワカサギだろうか。

寒いのでテントを張り、その中で釣っているようだ。


i padで花咲線の時刻表を見る。

この時刻表はいつも入れてある。

根室から厚岸着12:36の列車が通るはずだ。

はずだ、は臨時便の印がついている。

運が良ければ、といつもの湿原を見下ろす小山の上に登る。

スパイク長靴も持ってきた。

TV鉄塔の上に登り、車両を待つ。

何分前に見えるか、しばらく待つ


来た!
画像













冬の風物詩と花咲線、良かった。
画像












これが一番かな

川が凍って面白い模様になっている
画像













通り過ぎる車両と凍るベカンベウシ湿原
画像

これで四季それぞれの花咲線が撮れた











気を良くして釧路に入り、鳥取の蕎麦屋「玉川庵」に2:00少し前に入った。

この時間なら空いているだろう、予想通り。
画像












これが元祖牡蠣蕎麦
画像

程よい大きさの牡蠣が7つ入り、少し太麺の田舎蕎麦で腰がある。

1400円、決して安くないが美味かった。








夕方の丹頂鶴を撮ろうと鶴居村に向う。

鶴見台は見慣れているので初めての「伊藤サンクチャリー」に向う。

多くの車とカメラマンが砲列を並べている。

14:50 その中に加わりながら小型のカメラで狙う。
画像

風が強く、丹頂鶴の羽も逆立っている









少づつ群れがねぐらに飛び立つ
画像











こちらに向って飛び立つものもいる
画像












これが最後の飛び立ち
画像













丹頂鶴の宿営地の音羽橋に行ってみたが、鶴は3羽いるだけ、陽の沈むし、釧路のホテルが空いていることを確認し、予約した。

いつもの東横インだが、日曜日、会員価格で3600円だった。

日曜日の夜なのでどこにも出かけず、部屋で缶ビールを飲み、早々に寝た。

明日は夜明けの釧路湿原の撮影だ。


次に続く






この記事へのコメント

tetsu
2019年01月19日 15:50
ここまで来ると家族も何も言いたくなくなりますね
しっかり、怪我の無いように遊んで頂戴と・・・
土産だけ忘れずにね
山岳一歩
2019年01月20日 09:57
Cafe投稿のネタが無くなったので大好きな道東に出かけました。
天気さえ良ければ外れがありません。
家族は諦めています(笑)、爺は元気で稼いでくれば良い!
土産は汁物ばかりで写真だけです(笑)悪しからず。

この記事へのトラックバック