襟裳岬の撮影 2019.04.13 札幌は快晴、最高気温は17℃

画像

天気が悪く寒い日が続いていたが、急に気温が17℃、それも日曜日まで天気が良いらしい。シュラーフを積んで撮影ドライブに出かけた。

目的地は襟裳岬、穏やかな日高路をドライブし、十勝に回り込んで日高山脈でも撮影しようと 9:00に出発した。

冒頭の写真は支笏湖、直接苫小牧に出て無料の日高高速に乗ろう、と、通ってみた。


快晴無風の支笏湖は鏡ようだった。

こんな支笏湖を初めてみた。


岸の透明度も高い。


その前に恵庭岳の北斜面に陽も当たり急峻な山容を道路から仰ぎ見る
画像











縦位置で
画像













支笏湖に出る手前の漁岳への登山口には春山を目指す登山者の車が多数止まっていた。

支笏湖に出て驚いた。

すばらしい景色、鏡のような湖面に樽前山と風不死(フップシ)岳が相対して聳えていた。

湖岸からキャスティングする釣り人を入れて
画像

湖岸の水中の石まではっきり見える。

こんな支笏湖は初めて見た。

快晴無風、これほどすばらしい景色に出会えると思わなった。

めぐり合わせに感謝する。








湖岸の水中の石も入れて
画像












恵庭岳も

水中の木までもが見える
画像













移動して、樽前山のドームを望遠で

外輪山の斜面の雪もだいぶ融けてきた
画像













苫小牧から無料の高速 日高道に入る

高速はまだ工事中だが、新ひだかの新冠手前まで伸びていた。

12:33 日高三石の道の駅付近から、日高山脈の神威(カムイ)岳を
画像


支笏湖の眺望を見て期待していたが、すばらしい日高山脈を見ることができた。













パノラマで一望に
画像

中央が神威岳、そのすこし右側に憧れの ピリカヌプリが聳える。

日高に走ってきて正解だった。









先を急ぐ旅でも無いので、ここで昼食と温泉に入る。

お昼はつぶ貝の入ったお蕎麦、温泉はバスタオル類を借りて入った。


ゆっくり浦河を目指す。

浦河から襟裳を目指さず、一旦十勝に抜ける通称「天馬街道」を走る。

この道路からは日高山脈南部の山への登山ルートが無数にある。

懐かしい道路だ。


峠の野塚トンネル手前の駐車スペースから野塚岳(右)、左はその西峰
画像














橋梁も入れて縦位置で
画像













長い国境のトンネル「野塚トンネル」を抜けるとピリカヌプリを目指す登山口に着く。

10台ほどの車が駐車していた。

14:54 ここが沢のスノーブリッジを渡って斜面に取りつく登山口
画像

数年前、山仲間のMOさんと悪天候でピリカはあきらめて、トヨニ岳への稜線まで偵察で登ったことが思い出される。



おりしも、一人降りてきた。

話を聞くと トヨニ北峰のピストンだったようだ。

快晴でこんな山旅はなかった、と感激していた。

麓でもあれだけの眺望だ、山頂からの山並み眺望は素晴らしかったろう。







広尾漁港に向けて車を走らせると、後方に日高の山が見えた
画像










広尾は通過、久しぶりの襟裳岬までの黄金道路を走る。

旧道、トンネルは新しくなり快適に通過できた。

途中、夕方を期待したが陽はまだ高い。

ここにきて波が高く、潮が舞っている。

16:09 旧道のトンネルから
画像











振り返ると波が高い
画像













画像













16:45 襟裳岬到着

風の館を入れて灯台まで
画像












襟裳岬
画像













岬から様似側の海岸線を
画像


波しぶきの飛沫で霞む海岸線は趣がある

夕日が良く似合う









岬の高台にレーダー基地があるので、その麓まで行って岬を振り返る、望遠で
画像













住民のお墓があり、レーダー基地も入れてみる
画像





この快晴無風の状態の支笏湖も気になったが、そのまま自宅まで一気に走った。

この日の走行距離は560㎞になっていた。

21:30 自宅到着

23:00には寝たが、翌朝は6:00までぐっすり寝た。



14日の朝は靄っていた。

この状態では支笏湖はどうだったろう。


今日も良い天気なので、新しい高速道路「後志道」を余市まで走ってみる。

小樽JCで余市方面に入り損ね、小樽市街経由で忍路(おしょろ)港に寄ってみた。
画像

白い頂は積丹岳

もう少し高い撮影場所があれば良いのだが











これも忍路のひとこま
画像











少し車を走らせ、蘭島の海岸からシリパ岬越しに聳える積丹岳、余別岳を入れてみる
画像











余市の魚屋さんで、1.1㎏のヒラメ、ボタンエビ、タコの足を購入してきた。

今晩はこれで一杯

甘エビもトロ箱で売っていたが、面倒なのでパスした。


高速 後志道を帰りに走ってきた。

積丹が近くなった。



おまけで、先週函館で撮った写真を

雪の函館駅、ホテルの窓から
画像













イカ釣り漁船
画像













赤レンガ倉庫群
画像












パワーボートの係留地
画像












ホテルのバルコニーから函館港、かつての青函連絡船「摩周丸」と函館ドッグ
画像














この記事へのコメント

tetsu
2019年04月14日 19:37
支笏湖はカメラマンが素敵だとあんなにきれいな姿を見せるんだね
助手席には可愛い素敵なお方が・・・
無事帰宅されて一安心です
prosperity_pie
2019年04月15日 07:36
支笏湖の写真が素晴らしいですね!私もあんな支笏湖を初めて見ました。肉眼だともっと素晴らしかったのだろうなーとお察しします。積丹の写真は母が狂喜乱舞します。いつも見たことのない北海道の景色をありがとうございます。朝晩の気温差が激しい季節ですので奥様ともどもご自愛の上お過ごしください。
山岳一歩
2019年04月15日 11:53
tetsuさん、この支笏湖はびっくりしました。
こんな鏡のような支笏湖は初めて見ました。
うまい具合に釣り人も、頂きです。
今回は一人旅、たまに一人もいいものですよ。
山岳一歩
2019年04月15日 11:55
prosperity_pieさん、素晴らしく空気が澄んでいました。
pm2.5の影響も無く、晴れ渡っていました。
こんな日は眺望がすばらしいです。
日高の山並みもあんなにすっきり見えたのは初めて、とにかく気持ちの良い週末でした。
積丹も余市まで、その先は魚を積んだので大急ぎで帰ってきました。
もう少ししたらウニの季節(6月)ですのでまた行ってみます。

この記事へのトラックバック