松前の桜まつり 2019.05.05 GW後半の道南旅

画像

例年桜祭りを観に行く松前、今年の桜はどうか、そして天気はどうか、宿を取っているから今年は特に気になる。車中泊なら天気の良い時に行けば良いのだが、宿の予約は数か月前なので天気は選べない。

冒頭の写真にあるように、とても素晴らしい天気と桜の開花時期がぴったりの旅だった。

カメラはSONY DSC-RX10M4


今年の桜観はGWの後半の5月5日~7日とした。


5月5日の土曜日 5:30に札幌を出発する。

前日に積丹に撮影に行った余市までの高速を利用する。

昨年末にできた高速 後志道。

その先は余市から国道5号線を走り、日本海の岩内にでる。

岩内手前で見えたニセコ連峰、右の雷電山から左のニセコアンヌプリまで、パノラマで捉える。

左端にはわずかに頭を覗かせる羊蹄山
画像


岩内 6:45着、 コンビニで朝食を摂る

その後、寿都から内陸の黒松内を経由して長万部を目指す。

寿都手前で見えるのは黒松内岳から狩場山、大きな湾が見える絶景をパノラマで切り取る
画像












長万部からは高速利用で落部まで、落部から内陸を横断してまた日本海の江差に出て、そのまま松前へ、

この経路だと札幌から330㎞、中山峠経由よりも12㎞長いが時間はほとんど変わらないし、渋滞は避けられる。

江差の道の駅から後方を振り返ると、洋上に遊楽部岳(ゆうらっぷ)が浮かぶ
画像












松前の宿の駐車場に着いたのは予定通り 11:00 、札幌を出てから5時間半

お目当ては昼食のカニの甲羅揚げ

ビールでいただく、絶品
画像

冬の内に造っておくのだろう、急速冷凍技術のたまもの、とても新鮮でおいしい

これと「あわび弁当」がお目当て

漁師の造る゛「たこやき」も絶品






お腹を満たして桜観散策

今年はソメイヨシノがまだ咲いているのと、ピンクの八重桜「南殿(なでん)」、そして白い「雨宿(あまやどり)」が満開。

独特の華やかな桜模様と福山城(別名、松前城)

この福山城の天守閣を木造で改築する計画が進んでいる、とのこと。
画像












白い「雨宿」はピンクの「南殿」ととても良く対比し、混在していることで程よいハーモニーを奏でる。
画像













菜の花とチューリップ、こんなシーンも初めて見た
画像













八重の「南殿」は大きなぼんぼりのように優雅で、枝先で揺れる
画像













「南殿」のアーケード、カメラ女子が歩いて行く

ベンチに座ると視線が下がって面白い
画像













桜の庭園の最上部まで上がると津軽海峡越しに津軽半島が見える

この途中の満開の桜は圧巻だったし、この展望は絶景だ
画像











望遠で拡大する
画像














散策は続く

逆光で桜を捉える
画像











松前藩の墓所から見下ろすソメイヨシノのアーケード
画像












チェックインの 15:00 になったので、宿に戻り温泉に入りひと眠り

夕食後に写真の整理

20:00 には就寝

明日も天気が持てば最高







前日の4日に札幌の旭山公園の日の出と積丹をドライブしてきたのでその記録を載せる

4:21 の札幌市の夜明け
画像











夕張岳と開拓百年記念塔(老朽化が進み解体予定)
画像













札幌ドーム
画像












手稲山に朝陽が当たる
画像













陽が昇り、芦別岳が映える
画像












エゾヤマザクラも満開、逆光で
画像












旭山公園から下る路の途中で札幌市街が光に包まれる、この場所でのこのシーンがとても美しい
画像











この後、犬の散歩を終えて6:30に出発、積丹の神威岬を目指す

小樽から余市までの新しい高速道路 後志道 を走ってみる

神威岬には 8:30 に到着

ゲートは 8:00 に開いているのでかなり観光客も来ていた


このジグザグの遊歩道階段を登って、画面中央の展望台に登る
画像











その展望台からこの景観、ここが一番岬をきれいに撮れる

エゾカンゾウの時期にはその花も入れると良い
画像











これから向かう盃温泉方面
画像







岬先端に向かおうとしたら、本日は強風のため閉鎖、と木製の門が閉まっている。

こんなこともあるのだ。



断念して盃温泉を目指す

見返しの神威岬
画像











岬を望遠で
画像













秘境、西の河原へのトンネル

20年も前に良く行った

木道は朽ち果て、岩場を乗り越えても数年通った

難破した鉄造船が朽ちて行くのを数年見守ったことがある
画像












今日は断念してそのままドライブを続ける

西の河原を振り返る
画像













神恵内(かもえない)の道の駅からニセコ連山
画像











盃温泉から当丸峠を越えて古平に戻る

途中の防雪トンネル
画像











古平の街に入る手前でエゾヤマザクラ満開の神社の境内に立ち寄る
画像










石の鳥居に付く額には「明和」の文字

明和神社だった、なんともありがたいお名の神社だった
画像



昼過ぎに札幌に戻り、明日からの松前遠征の準備をした









この記事へのコメント

tetsu
2019年05月07日 08:27
まぐろ爺ちゃん いろいろなところの撮影ご苦労様
気になったことが・どうして蟹の甲羅上げ2つなの?? 言ってやろ
菜の花?とのコラボももいいですね
冷凍マグロはダメだなー・・チュウしないと
山岳一歩
2019年05月07日 16:28
全くマグロ状態です。
5月1日~3日まで腹痛(ストレス原因か?)で動けず、利尻に行きそびれました。
蟹の甲羅揚げを食べたい一心で食べず、飲まずで養生し、ようやく松前に行くことができました。父兄(カミさん)同伴です。

この記事へのトラックバック