松前の桜祭り最終日 2019.05.06 函館泊まりでゆっくりと

画像

松前の夜が明けた。 まだ雨は降っておらず辛うじて晴れ間も出ている。5:30 に宿を出て一人松前城の桜を観に出かけた。八重の桜「南殿」のアーケード

カメラはSONY DSC-RX10M4

早朝ながらもうちらほら花見をする人がいる。


宿からは搦手門がすぐなので、城内には容易に入ることができる。





お堀と桜と天守閣
画像

相変わらず「雨宿」の白い房が美しい










赤い「南殿」と白い「雨宿」の競演
画像

朝陽の柔らかい陽差しがとてもいい












徐々に登り、昨日写していないシーンを探す
画像












「南殿」を下から仰ぐ

赤いぼんぼりのような花房が揺れる
画像














墓所、昨日下生えの草刈りがなされていた。

倒れるままの墓石、無縁仏も多いのだろう。
画像













松前藩主菩提所の法憧寺境内に咲く「江戸彼岸」

とても繊細な小さな花だった
画像











おなじみの「光善寺」の「血脈桜」

別名「松前早咲き」だそうだ。
画像












その花房
画像












お城の周りを巡り、楓の新葉越しに
画像



お城の前では昨日食した「蟹の甲羅揚げ」の店が開店準備中。

聞くと 8:45 には第一弾ができるそうだ。




宿に戻り、軽く朝食を済ませ、カミさんとまた桜を観る。

8:45にお店に行くと早速出してくれた。

ビールも本日第一番のお客だそうだ。

朝から蟹の甲羅揚げとビール、これが贅沢というもの


と、お店の亭主(普段は漁師)が蟹をもう一杯分おまけしてくれた。

モーニングサービスだそうだ。


桜祭りも今日でお終い、昼からは雨の予報。



今回はいろいろな桜の競演を観ることができた。

これから開花の桜もある、「閑山」や「糸括」

松前桜公園には、約250種の桜が一月間ほど次々に咲き、楽しめるのだ。

染井吉野狙いならGW始め、満開を観るならGW終盤が良さそうだ。







これで松前を離れ、100㎞離れた函館を目指す。

途中で未だ行ったことが無い、トラピスト修道院に寄ってみる。

雨はまだ降らない。

おなじみのプロムナード
画像













坂のふもとに売店があり、名物のバターが置いてあるが、冷蔵できるものが無いとだめ、ということで断念。

ソフトクリームは濃厚


元気に坂を上ると
画像









これ以上の見学は男性のみ、ここは男性の修道院

明治23年に開かれたそうだ

枝垂れ桜と赤松の巨木、異様な雰囲気だった
画像









登ってきた坂を見下ろす
画像













津軽海峡見下ろして、牧場が広がっていた
画像









さて、これから北斗市の桜ロードを走り、「法亀寺」の枝垂れ桜を見る

もう、緑の葉が出て終わりに近い

駐車場などにガードマンが張り付く名所
画像











これだけの巨木なのに添え木が一本も無い、見事な桜だ

これは人気も出るだろう
画像












枝と枝垂れる花が美しい、仰ぎ見る
画像












北海道新幹線の「新函館北斗駅」を経由して函館市に入る。

まだホテルのチェックインには時間があるのと、雨がまだ降らないので湯の川の「見晴らし公園」に行ってみる

まだ咲いているなら、染井吉野の老木があるはず

それも円形の広場を囲むように咲いているはず


まさにその通りだった

清松を背景に白い花が清楚だ
画像












芝生では幼い姉妹がフリスビーで遊んでいる
画像
















画像














園内を巡る

秋の紅葉は素晴らしいところだ

センター前の染井吉野に小鳥が遊ぶ
画像














細い側溝でカルガモが凄い勢いで餌を啄む
画像














ホテルにチェックイン

津軽海峡を見ながら一番風呂に入る

夕方から雨になった


部屋も食事もお風呂も、湯の川温泉は本当に良いところだ。

旅を堪能した。


来年も来よう。

桜満開のGW終盤が良いようだ

天気が良いといいのだが、そればかりは祈るしかない。












この記事へのコメント

tetsu
2019年05月11日 08:56
血脈桜は死人の血を吸って赤くなるらしいよ・・
松前まだ行ってモーニングサービスのおねだり・・
あれ・修道院入院の見学・・入れそう
prosperity_pie
2019年05月11日 10:09
北海道の桜もきれいですねー。もう葉桜になったころでしょうか。トラピストですが。。。長崎で修道女をしている親戚によれば叔父さんの一人が長崎からはるばる函館のトラピスト修道院に入って修道生活していたものの寒さで病気になってそのまま函館で亡くなったと聞きました。今と違って昔はかなり厳しい修道生活だったらしいです。いつか行ってみないとなーと思っていますが。。。いざ行ったらお墓参りを忘れてトラピスト名物のお土産を買って満足して終わりそうです。おいしいので有名ですよね。ちなみに修道女の叔母はトラピスチヌ(女子修道院)のみ行ったそうです。
山岳一歩
2019年05月12日 05:04
tetsuさん、松前の蟹の甲羅揚げ、モーニングサービスは狙いです。漁師さんも云ってました。朝一番の客は嬉しいですね。修道院は初めてでしたが、生活は厳しそうですね。ご勘弁を、いろいろな欲が多すぎて無理です。
山岳一歩
2019年05月12日 05:07
北海道も先日釧路でエゾヤマザクラが開花して桜前線が終了しました。もう新緑の季節です。北海道最南端の松前の桜がやはり圧巻ですね。
ブログの見晴らし公園は湯の川ですが、この近くに空港もあり、その近くに女子修道院のトラピスチヌ修道院がありますが、時間的に寄れませんでした。
手作りのクッキーなどがお土産に売られているようです。
男子修道院のトラピスト修道院は今でこそすばらしい景色のところに建っていますが、明治中期では厳しかったでしょうね。

この記事へのトラックバック