オオムラサキの幼虫 2019.06.02 栗山町のオオムラサキ館

画像

ゴルフのラウンド後、新聞に記事の出ていた栗山町のオオムラサキ館に寄ってみた。
冒頭の写真は国蝶のオオムラサキの幼虫(いわゆる青虫)だが、とてもひょうきんな顔をした愛くるしいヤツだ。

カメラはSONY DSC-RX10M4

冒頭の写真は館に展示してあるパネル写真を写したもので、残念ながら自作ではない。







国道234号に面して「ふるさといきものの里」という施設があり、その中にネットで屋根や壁を囲った「オオムラサキ館」がある。

これは内部で食料のエゾエノキを栽培し、自然(雨・風)環境で繁殖を促す施設で、ここで羽化するし繁殖もする。

国の蝶、国蝶である。

姿は、これもパネル写真
画像


全国各地に生息するらしい。

円山はその生息もあり、山全体が天然記念物になっている。








時期が少し早かったかもしれない、まだ角が黒くなっていない。

エゾエノキの葉にしがみついていて、動かなかった。
画像












それで、パネル写真を利用した。

こんな写真が撮れたら最高だろう。
画像













これもパネル写真
画像















悔しいけど、これは実写
画像














唯一顔が撮れたのだが、小さくてトリミング拡大している
画像


このネットの中で羽化するので、機会があればまた訪れてみたい。











5月28日のSONY写真投稿欄 「αCafe」で先に投稿した「明ける勇払原野」の写真二枚が、三日間得票数で1位と6位にランクされていた。
画像


この二枚の得票数は278、後でもう一枚投稿したらそれも得票数138いただけた。

一枚25得票を目標にしているので、破格だ。

偶然、通りがかっただけだが、わざわざ車を止めて撮ったかいがあったというもの。


現在、総得票数が34,511にもなった。

初投稿から3年3ヵ月ぐらい、自分でも相当のスピードだと思う。

ほとんど毎日投稿しているから、さもありなん。

得票数25,000で最高位のランク付け「Campione」になっていたので、次は40,000台を目指す。







おまけで、今朝近所で咲いていたナデシコ
画像


これも明日投稿しよう。








明日からは新しい仕事で根室に出張。

片道500㎞あるので、新千歳空港から中標津まで航空機を利用し、レンタカーを借りて片道80㎞走ると根室。

当日帰れないので、宿もとった。

どんな仕事になるか、楽しみだ。








この記事へのコメント

tetsu
2019年06月04日 20:49
毎日UPご苦労様です 私なんか足元に及ばない
やはり早寝・早起きで頑張らないしいけないんだ・・
昆虫のあのスタイルは好きになりません
prosperity_pie
2019年06月05日 08:12
東京に住んでいた時に千葉の無農薬栽培の農家さんから毎週野菜を送ってもらっていました。その中によく青虫が入ってきてマンションの窓から全部放していたところ。。。それまでいなかった立派な蝶々がたくさん飛び始めてびっくりしたことがあります。あの青虫たちはたぶん蝶の幼虫だったのですね。フランスのジャック・ペラン監督のミクロコスモスという映画で虫の世界の美しさに感動したことはありますが身近にいるのはやっぱり抵抗があります。。。この青虫の顔もかわいいですけど!これは写真の撮り方がいいだけのような。。。ソニーカフェのランキングすごいですね!おめでとうございます。それにしてもいつもお仕事で飛び回っておられるようですごいなーと思います。十分にお休みもとってご自愛しつつ頑張ってください。
山岳一歩
2019年06月05日 18:12
tetsuさん、やはり青虫は嫌いですか。
あんなに可愛いのに・・・・・。
あくせく働かないと遊べないのです(悲)。
山岳一歩
2019年06月05日 18:17
prosperity_pieさん、いつもコメントありがとうございます。
やはり青虫はお嫌いなのかなぁ、この青虫は触ってみたい気持ちにさせてくれました。
そのぐらい可愛かったですよ。
この蝶は羽化してもそんなにきらびやかでなく、少し地味な感じです。
奥ゆかしいのが日本の国蝶で良いのでしょうか。
毎朝一時間ぐらい、フォローしている人たちの作品を見てコメントを書いています。
そんな地味な取り組みが評価されているのかもしれません。
とにかく、継続は力なりです。

この記事へのトラックバック