名古屋でのクラス会 2019.10.23~25 伊勢・志摩の旅

DSC09693.JPG

卒業してから50年、ここ5年続けて各地でクラス会を開いている。釧路、仙台、東京、函館、そしてことしは名古屋。

各地に住むクラスメイトが企画して続けてきた。


もう皆古希を迎えた。


後何年続けることができるだろうか。


皆、食も細くなってきた。


せっかくおいしいものを用意したのに、たくさん残してしまった。



ともあれ、新千歳空港から名古屋に向かう。


かなり前から航空券を用意したので、客席は進行方向右の窓際を取った。


これは北アルプスの上空を飛ぶ時に山岳写真を撮りたかったから。


冒頭の写真は南知多半島上空、もうじき中部空港に到着する。


カメラは携帯用のSONY DSC-HX90V



千歳を発ち、海岸線に沿って函館空港上空に向かう途中で、支笏湖が見えた。

DSC09678.JPG
右上に支笏湖が見える






山の同定ができないが、間違いなく北アルプス、立山、剣だろうか、それとも五竜、鹿島槍だろうか、

DSC09682.JPG

山頂にはわずかに積雪も見える。






独標でみえたのは御嶽山だろう

DSC09686.JPG

噴煙は見えないが、まちがいないだろう。





DSC09688.JPG







望遠で拡大してみる

DSC09687.JPG






中部セントレア空港から近鉄の特急で名古屋駅に着き、今日の宿泊のホテルに荷物を預け、名古屋城の本丸御殿の見学に出かける。


木造で再建された。


高い天井に木材の柱などの太さ、当然一本もので造られている。


絢爛豪華な仕上げ。


総工費150億円ともいわれている。


これは名古屋城の天守閣、70年前鉄筋コンクリートで再建されたが現在は耐震強度が不足するとのことで立ち入り禁止。


これも木造で再建の計画もある。

DSC09694.JPG




本丸御殿への入場は少し並んだ。


修学旅行生や外国人が多い。


きれいな石垣

DSC09695.JPG







正面の馬寄せ

DSC09708.JPG





横の外壁

DSC09696.JPG





ここから内部、徐々に絢爛豪華になる

DSC09697.JPG







DSC09698.JPG







DSC09699.JPG







DSC09700.JPG






DSC09702.JPG





釘隠しも相当の意匠を施す
DSC09703.JPG






DSC09704.JPG






廊下の欄間の豪華なこと
DSC09705.JPG






DSC09706.JPG






最も奥の部屋、権威者の部屋にふさわしい絢爛豪華なしつらえ

DSC09707.JPG



お城を出て

近くのレストランで軽くビールとつまみをいただく。


一度ホテルに戻り、夕食の会場に向かう。


熱田神宮の蓬莱軒で鰻会席を食べた。


有名な「ひつまぶし」でお腹一杯になった。



翌日24日は伊勢神宮参拝と志摩の観光。



近鉄特急で宇治山田まで一同で向かう。


駅には手配したマイクロバスが待っていた。


生憎の雨模様だが、勢神宮の参拝、まずは外宮から


ここからカメラはSONY DSC-RX10M4


火除橋を渡る

DSC02967.JPG







圧倒される森の深さ、荘厳な雰囲気が伝わる

DSC02973.JPG




外宮は「豊受大神宮」これは内宮の「天照大神」に仕える神


その正宮に立つが、ここは撮影禁止

DSC02977.JPG








隣は古殿地、式年遷宮で御殿が入れ替わる場所

DSC02979.JPG








古殿地越しに正宮の屋根を写す

DSC02980.JPG








風の宮

DSC02982.JPG






石段を登り、樹間から

DSC02985.JPG






風の宮でお参り

DSC02987.JPG







正宮の屋根だけでも、今回の式年遷宮は平成25年に行われている。

この次は後14年後、それにしても古びていた。

DSC02989.JPG








これは外宮を退出する際に撮った定番の宇治橋の見上げ

DSC03000.JPG





橋から見えるこの柱は何だろう

DSC02992.JPG






川の中央遠くに水鳥が見えた、超望遠で


オシドリ、中央にコサギ、右はカワウ、面白い配置だ

DSC02991.JPG







この後雨がひどくなるので撮影は控えるが一枚だけ

DSC02996.JPG






内宮を出て、おはらい横丁からおかげ横丁を通り、松坂牛の焼肉店「一升瓶」で昼食を摂る。



英虞湾を見下ろす横山展望台に向かう。


マイクロバスなので上まで上がれず、腹ごなしに徒歩で車道を登る。


その展望は素晴らしい。

DSC03008.JPG






隣の人にシャッターを頼んで、クラス会全員の集合写真を撮ってもらった。

DSC03013.JPG







そぼ降る雨の中鳥羽水族館に向かった。


この近くのフェリーターミナルから答志島に渡る途中なので寄ってみた。


順路を決めないユニークな水族館で青いエビが面白い

DSC03020.JPG






伊勢海老は定番だが、これだけ密集すると異様な雰囲気だ

DSC03025.JPG






クラゲはとても楽しいし、美しい

DSC03034.JPG






ゆったりと泳ぐクラゲ

DSC03037.JPG







オホーツク海の妖精、クリオネもいた

DSC03029.JPG






これはタツノオトシゴの一種

DSC03041.JPG






この後、風と雨がひどくなり、答志島の宿から波の穏やかな別ルートを指示され、町営のフェリーに乗り込む


10分ほどの乗船時間だが、皆揺れを覚悟したが、さほどのことはなかった。


隣の女子高生はそんな中でテキストに回答を書いていた。

この後フェリーは欠航となった。



港から宿までは宿のマイクロバスが迎えにきてくれ、写真仲間の紹介してくれた宿「中村屋」に投宿する。


高台にある眺めの良い、展望温泉浴室もあるすばらしい宿だった。


料理も自慢で、その晩の夕食はこれまた豪華だった

DSC03045.JPG

私はここで食べたお刺身は久しぶりにおいしい、と感じた。


お酒も進み、カラオケも出て、嵐の夜を楽しんだ。


明日はフェリーが出航できるだろうか。





フェリーは強い雨の中、予定通り出航し、皆一安心


鳥羽からの特急が降雨量が多いので運転見合わせ、というアナウンスがあったが、結局時間通り運行してくれた。


なかなか、波乱万乗のクラス会でまた思い出ができた。




名古屋駅で解散し、私は名古屋地方に住む兄弟達と夜食事会を予定しているので皆と別れた。



翌日の郡上八幡巡りは次のレポートとする。


すばらしい街だった。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • prosperity_pie

    伊勢は天気が悪かったのですね。残念です。でも腫れていて人出が多いと砂ぼこりがひどくて写真も白っぽくなるしカメラにも良くなさそうなので帰ってよかったのかも?そして郡上八幡!懐かしいです!つい最近まで飛騨高山に住んでいたので郡上八幡は行ったことがあります。水と空気が澄み切っている美しい場所ですよね。
    2019年11月01日 08:59
  • tetsu

    前日の神宮前蓬莱軒は予約できたのですか?
    数年前まで予約を取らなかったのですが
    内宮は生憎の悪天候で大変でしたね
    宿の料理を堪能されてよかったです
    2019年11月01日 10:47
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    郡上八幡は本当に美しい街でした。
    そんなに大きな街ではありませんが、お城があり、清らかな水が流れる街中の掘割には鯉が住む、そんな光景を見たくて行ってみました。
    名古屋からは結構遠かったのですが、楽しむことができました。
    2019年11月03日 17:51
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    蓬莱軒は名古屋の人が予約してくれ、店とは別の別室に通されました。
    答志島の「中村屋」は私の甥っ子も利用したことがあり、評判が良かったですね。
    ふぐを食べることもできるそうです。
    今度はそれかな?
    2019年11月03日 17:55