タイでのゴルフ 2019.11.01~07 チェンマイのゴルフリゾート

DSC03188.JPG

同期入社の仲間が主催するゴルフツアーに参加した。現地で働いたことのある人がその地の利や知識を利用し魅力的な企画をしてくれる。

毎年参加して10年という人もいるし、一年に2回も行っている人もいる。


それだけ、魅力的なのだろう。


今回初めて参加してみた。


結論は経験しなかったリラックス感だ。


南国特有の甘い空気とほど良い気温(実際には暑い)、心地よい現地の人の会話、リゾートにふさわしい美味しい果実に食事、別世界だった。



実は昨年の12月に決断し、早期にタイ航空の航空券を格安?で購入していた。


待つこと約1年、ようやくできた新千歳国際空港増築部にも初めて入る。



バンコクで仲間と待ち合わせ、先に投宿している仲間には夜遅すぎて会えなかった。


自宅からホテルまで12時間かかった。


ホテルはTHE ROYAL CHIANGAI GOLF RESORT



翌朝の6:00(現地は日本時間から2時間遅れ)にフロントに集合して、ゴルフ場(ホテルから歩いても200mぐらい)のレストランで食事

DSC03184.JPG







ようやく朝が明けてきた眼の前にはゴルフ場が広がる。


遠方の山も特徴的。

DSC03183.JPG





一人一台のカートに一人のキャディ


なんと贅沢なゴルフだろう


それにしても難しい、フェアウェーにもアリソンバンカーが2,30ヤードに点在する。


挑戦意欲は増す。


明日も頑張ろう。


コース途中で見えた山の寺院

DSC03187.JPG





11:00には1ラウンド終えて昼食


とても美味しいタイ料理とビールを楽しむ


ホテルに戻り少しエントランスやロビーを撮影してみる


SONY DSC-RX10M4を持ってきた

DSC03189.JPG





冒頭の写真はそのエントランス


ロビー

DSC03193.JPG





中庭まで開け放した扉・窓から気持ちの良い風がそよぐ

DSC03194.JPG






午後のホテルの自室でシャワーを浴び、タイ式マッサージを2時間受ける


夕食は18:00、またあのレストランでアルコールも含んでタイ料理をいただく


こんな日が後4日も続く



翌日の朝スタート前のマイキャディの笑顔を撮る
DSC03232.JPG
最終日に撮った「笑って」という笑顔とは明らかに違う、心の底から笑っている笑顔だった。





写真のだいご味はこんなところに現われる。
DSC03313.JPG





午後は近くの市場に案内してもらった

DSC03195.JPG






海外では市場がたいへん興味深い、食材や生活用品が格安で並ぶ

DSC03196.JPG






DSC03198.JPG








アジがこんな風に並べられていた、私が手振りすると店の人も笑っていた

DSC03207.JPG







何より子供達や店の人達の表情が楽しい

DSC03202.JPG






DSC03210.JPG






この屈託のない笑顔

DSC03205.JPG






この人は一緒の友人のキャディを10年務めた人だった

DSC03206.JPG





私もモンキーバナナを買ってみた


コースで食べることもできる


こんな店も

DSC03211.JPG







ホテルに帰る途中で田園風景を

DSC03213.JPG







田んぼの中に立つパパイヤの樹

DSC03219.JPG





道路の側の細い水路に牛が放されている


良く見ると牛の顔というのは奇妙だ、眼と並行に耳があり、角はその上

DSC03218.JPG







水牛もいる

DSC03220.JPG






子牛の背にコサギとカラスのような鳥が止まる

DSC03221.JPG






ゴルフ場の敷地の中にも牛、これはコブが特徴、その傍にもコサギが牛を追いかけている

DSC03227.JPG







翌朝のゴルフ場は朝霧がかかり、芝にも露が落ちている

DSC03229.JPG







緑の濃淡が美しい

DSC03230.JPG






この日の午後は観光を催してくれた。


チェンマイ郊外で一番格式の高い標高1030mに建つ ワット・プラタート・ドイ・ステープ寺院


車で相当登った後、ロープウェーで登った


青空に黄金色の寺院が聳える

DSC03243.JPG






地元の人も信仰で大勢訪れるのだそうだ

DSC03248.JPG







DSC03251.JPG






回廊

DSC03242.JPG






こんな少女の後姿も

DSC03241.JPG







絢爛豪華な寺院

DSC03258.JPG





坊さんもスマホを操る、これも時代

DSC03255.JPG






階段を利用して降りる、竜の階段

DSC03265.JPG







ここから更に奥の山岳民族モン族の住む「ドイ・プノ村」を訪れる


それにしても狭い道を飛ばす、すれ違うのはサイドミラーがこすれるぐらい


狭い路地の観光土産を売る店を通り過ぎると、花に囲まれた民家が点在する


その前には貸衣装屋

DSC03271.JPG






その貸衣装を着た観光客

DSC03274.JPG







滝を観たりしながら上部から集落を写す

DSC03283.JPG








DSC03287.JPG








帰路、飾りの吹き流しのようなものを吊るす集落、屋根の千木が面白い

DSC03293.JPG






夜はチェンマイの中華料理屋で子ブタの丸焼きを食べた。


皮が美味しかった。


ビールのキャンペーンガールとスリーショット

DSC03296.JPG






4日目の朝はかなり濃い霧が出ている

DSC03297.JPG





それも昼頃には晴れる、晴れると気温は30℃を超す

DSC03300.JPG







ホテルに帰り、プール側から撮影してみる

DSC03304.JPG







最終日もゴルフを楽しみ、5日間合計6ラウンドをプレーした。


午後にはマッサージを頼むので疲れが溜まらない。



この旅ではSONYのウォークマンとイャホン、明石やさんまが宣伝している翻訳機「ポケトーク」が非常に役立った。


長い飛行機の中(Wi-Fiが無い)では音楽が最適、音質が良いのでとり貯めたジャズやクラシックを聴いて過ごした。


現地で会話ができるのはコミュニケーションが広がるし、笑顔も見られる、時々誤訳するからかえって面白い。



6日の夕方ホテルを発ち、日を跨いでバンコクでトランジット


7日の朝の8:20に千歳空港に降り立つ。


外気温は+2℃、なんという気温の差。


札幌では、この日に平年より13日遅い初雪が降った。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    爺ちゃん・・ちょっと聞きたいんでけど
    確か仕事とゴルフと言ってたが どんな仕事したの
    グリーン上で密談 それともベットでマッサージしながら密会
    社長に言ってやるから
    2019年11月09日 08:36
  • prosperity_pie

    タイの極楽リゾート地!広くて暖かくてリラックスによさそうな場所ですね!札幌との気温差は何度だったのでしょう。くれぐれもご自愛ください。キャディさんもビールのキャンペーンガールの女子たちもかわいい!老後はやっぱりタイとか台湾とか暖かい国に移住したいなーと今回の記事を拝見して思いました。。。でも実際に住むとなるとリゾートのような優雅さはなさそうですね。
    2019年11月09日 08:58
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    社長命での出張です!
    日中はゴルフ、夜の飲み会で仕事の話
    東京での人材確保の話をしてかなりまとまりました!
    これで、またタイに行けます、ウフフフ
    2019年11月09日 11:28
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    タイは丁度乾季で良かったのです。
    これが雨季だと思うとうんざりでしょうね。
    それで稲作が3毛作です。
    やはり乾季に訪れるのが良いのではないでしょうか。
    キャンペーンガールは一瞬でしたが、キャディさんは6ラウンド一緒です。「ゆっくり、ゆっくり」と日本語でアドバイスしてくれました。
    気温差は30℃でした。

    2019年11月09日 11:31