道東の野性を探しに 2020.02.23,24 野付半島のエゾジカの撮影

DSC05032.JPG

新型コロナウィルスの感染が広がる中の三連休、網走で流氷の中を行くオーロラ号に乗りに出かける。

まず、野付半島を目指す。

22日は8:30に札幌を出発、何度かの休憩を入れて13:00過ぎに釧路通過、おなじみの釧路ラーメンの店「仁」でワンタンメンをいただく。

中標津の郊外を抜けて標津へ。

そのまま野付半島をネイチャーセンターまで走る。

途中、エゾジカの群れがたくさん

冒頭の写真はその中の小さな雄ジカの群れ

カメラはSONY DSC-RX10M4

望遠の利くこのカメラは自然撮りには最適


それにしても大きな群れが3、小さな群れも3、草地で草を食む

雪が少なく道路際の草地に出てきている

小雪混じりの天気の中、夕陽も望めず、ひたすら明るさに気をつけて構図を決めてシャッターを押す

DSC04998.JPG

雌の大きな群れの中で




DSC04999.JPG





草の中には希少な植物もあろう、原生花園が根絶やしになってしまわないか心配だ

DSC05009.JPG





DSC05018.JPG






今度は雄の大きな群れ

DSC05020.JPG





やはり雄の研ぎ澄まされた角は見事だ

DSC05028.JPG






DSC05038.JPG






この群れ、まるで野付半島エゾジカ牧場だ

DSC05041.JPG






内海は結氷している

DSC05045.JPG






徐々に望遠ズームを利かせて拡大していく

DSC05046.JPG






警戒する雄ジカ

DSC05047.JPG





ネイチャーセンターまで行ってみたが、16:00で閉館していた

帰りに流氷がわずかに浮く外海を入れて雄ジカを

DSC05059.JPG






この鹿は片方の角を無くしていた

DSC05066.JPG






それにしてもオオワシもオジロワシもほとんどいない

わずかに見つけたオジロワシ

小雪の中で枝の上に止まっていた

DSC05072.JPG


夕暮れが迫る

本日の撮影はこれでお終いにして、宿に急ぐ

今日の宿は3年前にゴルフ仲間と泊まって夕食がとても美味しかった「シーサイドホテル」にした


この時期、写真撮影や観光で訪れる人が多かった

夕食は期待通りの美味しさだった

ホッカイシマエビは10月に獲れた子持ち、ホタテはこの時期国後島との中間地点で獲れた天然もの

ニシンも獲れていて刺身で、とにかく、完食

お酒は根室の北の勝の生絞り、2合いただいた


翌23日は前日のみぞれ混じりの雪が凍り付き、半島の道路は除雪されておらずFFの愛車でようやく走れる程度

野付半島は奇妙な太陽が昇ることで有名で四角い太陽でも見られたら、と5:30に宿を抜けだした

この日の日の出は6:15とフロントに案内が出ているほど


車の走行で難儀しているところで夜明け、少し早いぞ

6:00 丁度、少し四角い太陽だ

DSC05076.JPG



少し進んで、望遠で

DSC05078.JPG





今度は太陽の下だけ

DSC05079.JPG





結局は四角くならなかったが、太陽の下の方が溶けたような日の出

DSC05082.JPG

十分妖しい日の出だった





完全に上がりきって

DSC05086.JPG






朝のエゾジカは雄の群れだけだった

DSC05090.JPG





半島の帰りがけにまたエゾジカを

DSC05091.JPG






朝陽を浴びた漁船と浮き球

DSC05095.JPG






なんとか、バックに山脈を入れて

DSC05100.JPG






知床連山の主峰「羅臼岳」がようやく見えてきた

DSC05102.JPG



これで宿に戻って朝食、これも美味しかった

こんなに朝から食べたのは久しぶりだ

この宿は定宿にしても良い、温泉もかけ流しで露天風呂もある(ちょっとぬるかったが)


天気はめまぐるしく変わる

気温は高いが雪が降り、風が強い


札幌を出る時、網走の流氷観光船「オーロラ」の乗船を、低気圧が抜ける24日の朝に変更しておいた

特別、23日は予定もなく、網走に向けて走った


前夜にカミさんが同宿のツアー客から 朝4:00に宿を出発して羅臼の流氷観光船に乗る、と聞いていた

それに宿の女将が、今年は暖冬で氷が厚くならないのでスノーモービルで漁をするコマイの氷下待ち受け漁が中止されているとも聞いていた

それで、網を上げる時に雑魚のおこぼれをもらうオオワシやオジロワシが羅臼に行ってしまった、とも

どおりで、オジロワシが一羽しかいなかったわけだ


車中でそんな話をしながら、それならと標津から網走に向かうところで、反転し羅臼に向かった

羅臼の観光船「ゴジラ岩観光」の船の話は写真仲間から最近聞いていたので、あわよくば、とまずは向かってみる










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    爺ちゃん
    政府も言っているでしょ 老人はなるべく出歩かない様に
    炬燵で丸くなっていなさいと
    道東までわざわざ出かけてコロナを見ることはないよ
    2020年02月24日 17:45
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    私はマグロ、動いていないと死ぬの、コロナなんかで死ねない。それにしても上手いね、太陽撮ってコロナとは(笑)
    2020年02月25日 09:03
  • prosperity_pie

    いつもながらの行動力に脱帽。。。コロナもなんのそのですね。でも気を付けてください。それにしても朝日がきれいですねー。こちらは夜明けが遅くて。。。あと母と二人でtetsuさんと山岳一歩さんのコメントのやり取りを楽しく拝見して笑わせていただいてます!
    2020年02月25日 20:17
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    早速見てくれてありがとう
    こんな時だから旅館を元気づけようと旅に出ました
    温泉と料理と写真と、寒さ知らずです
    でも、コロナ怖いですね
    皆さんマスクしているから、私はしなくても・・・・?
    油断しないで気をつけます。
    それから羅臼、網走の流氷観光船のブログもアップしました。
    2020年02月26日 17:47