羅臼でワシを追って 2020.02.24 羅臼と網走で流氷観光船乗船

DSC05624.JPG

羅臼道の駅で「ゴジラ岩観光」をチェック。

すぐ近くに事務所があるが、観光船は9:00と13:00、そんなに待つのか、と半信半疑覗いてみる。

若い女性が2人、「次は13:00です」と

諦めようかな、と思ったら10:30分なら乗れます、と

料金一人4,400円で近くの発着場に行くと、ゴジラ岩観光、カムイワッカ88がたった今帰ってきたところ

DSC05106.JPG

夏場は知床の反対側、ウトロにいるのだろうが、冬場は流氷のあまり来ない羅臼に来ていたようだ

港の係の女性に流氷はいるのか、と尋ねると、昨日は接岸していなかったがシャチが見られた、とのこと

まあ、どちらでも良いか

時間まで港をウロウロする


冒頭の写真は流氷帯に飛ぶオオワシ

カメラはSONY DSC-RX10M4


晴れていれば羅臼岳が見られるのに

DSC05108.JPG





曇りの港には小さな氷塊も浮かぶ

DSC05110.JPG



一番に乗船してすぐ、ツアー客がバスで着いた

それでも乗客は半分ぐらい

それで乗せてくれたのだろう、ラッキーだった


港を離れて10分ほどで流氷帯に入った

その前に遠くで僚船(他社)が流氷帯で観光している

その周りにはあきらかに体の大きなワシ(オジロワシとオオワシ)の群れが取り巻く

DSC05120.JPG





国後島をバックに

DSC05119.JPG






流氷帯に入るとワシの洗礼

甲板から投げ込む冷凍の魚に群れる

そして、争い

DSC05189.JPG

動きが早く、初めての撮影なのでこれが精いっぱい




とにかく連写で1000枚以上撮ったので写真を羅列する

DSC05232.JPG






体の大きな嘴の黄色いオオワシ、その隣にはオジロワシ

DSC05240.JPG





DSC05257.JPG

もう少し頭に余裕があったら良い写真なのになぁ





オオワシのペア

DSC05302.JPG






オジロワシの羽ばたきはかっこがいい

DSC05332.JPG





これはひょうきんな撮り方をしてしまった「てへっ」てな感じ

DSC05336.JPG






オジロワシの飛行

DSC05384.JPG






DSC05453.JPG





DSC05431.JPG







知床半島をバックに

DSC05477.JPG





オオワシとオジロワシが並んで

DSC05543.JPG






オオワシの飛行

DSC05618.JPG





DSC05573.JPG





DSC05760.JPG





DSC05798.JPG






オオセグロカモメもものすごい数、カラスも

羅臼にワシ類が今日は200羽以上集結しているそうだ

DSC05876.JPG





DSC05987.JPG





DSC05964.JPG






オジロワシとオオワシはほとんど同数

DSC06034.JPG





DSC06052.JPG





流氷の上にこんなに、国後島の爺爺岳(ちゃちゃだけ)をバックに

DSC06093.JPG


とにかく写真の整理はたいへんだった

満足して網走に向かう


網走に入ると吹雪、全国チェーンの駅前ホテルに入り、夜は猛吹雪の中食事に出るがどこも予約で満員

しょうもない中華居酒屋でビールをいただく


帰りはタクシーも拾えずホテルまで4,5丁歩いた

これほどの猛吹雪は最近経験していないぐらい吹雪いていた


観光船を明日の朝にしておいて正解


網走流氷船「オーロラ号」は昨年夏にゴルフ仲間とウトロから知床岬先端まで往復3時間かけて乗船し、船から浜の羆を見ることができた。

冬は網走にくるらしい

乗船場はごった返していたが、予約しておいたのでスムースに乗ることができた
一人3,500円

DSC06171.JPG

カミさんは室内のソファーに席を取り、暖かいところで流氷を観る、とのこと


私はデッキに陣取った

港を出る

DSC06117.JPG




彼方で僚船が流氷帯にいる

DSC06170.JPG





こちらの船も流氷帯に入る

下を見ると流氷

DSC06125.JPG





遠くに能取岬が見える

DSC06121.JPG






1200㎜相当の望遠で撮影すると左側に灯台が写っていた

DSC06131.JPG






ものすごい風で完全防寒装備でも頬が冷たい

隣の若者は頬を真っ赤にしていた、でも我慢できるのだなぁ、流石若さだ

DSC06143.JPG





どこまでも続く流氷原

DSC06132.JPG






船の1階へ先では氷を割るところを見られるらしい、歓声が上がる

DSC06148.JPG






DSC06152.JPG






緑色の海面下の流氷が美しい

DSC06158.JPG






遠くにオオワシも、アザラシでもいたら良かったのに、

羅臼と違いこちらはワシ類は少なかった、餌が無いからなぁ

DSC06164.JPG






1時間のクルーズが終わり港に帰る

DSC06167.JPG





港で早い昼食をいただいて帰路に着く

帰りは遠軽から高速に乗り旭川経由で16:00に帰宅した


途中、吹雪いていたり、晴れたり

とにかく天候の合間にタイミングよくクルーズできた


ワシ類はとにかく迫力がある

道東の野性動物撮影は楽しい


今回初めて羅臼と網走のクルーズを経験した

動物撮りなら羅臼、野付ですね。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    オオワシも流氷も見れてよかったね
    でもオオワシの餌付けはよくないよ
    2020年02月27日 08:14
  • prosperity_pie

    流氷クルーズすごいですね!写真で見せていただいただけで圧倒されたので実物はさぞかし素晴らしいのだと思いますが。。。寒いのが無理なので山岳一歩さんの写真で十分です。鷲とかカモメとかの写真も素晴らしい!昔見た渡り鳥というフランス映画を思い出しました(ジャックペラン監督の作品です)。過日ツィッターで普通の街着で流氷に乗って流されてみた大学生観光客が話題になってましたが。。。よく運よく生還できたものだと改めて思いました。それにしてもクルーズ船の料金がお高いし寒いのにたくさんの人が乗っていてビックリしました。人気あるのですね!
    2020年02月27日 11:01
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    なんであんなに迫力のある画が撮れるのだろう、と不思議に思っていましたが、とにかく餌付けです。
    カメラマンが構えたところに魚を投げてもらう、テクニックです。それを知らない爺さんはひたすら変なところを追っかけていました。
    この次は、でもやはりコロナが怖いなぁ
    2020年02月29日 10:30
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    今回の個人ツアーは行き当たりばったりのところ(羅臼)もありましたが、うまく吹雪を避けてクルーズ船に乗れたり、撮影できました。
    動きものは難しいです。
    自然の風景なら良いのですが、
    北海道は非常事態宣言が出ました。土日は家から出ないように、と。でも山なら大丈夫かなぁ、藻岩山にでも登ってこよう。トレーニング兼ねて。
    2020年02月29日 10:34