利尻島に渡る3/4 2020.04.18 利尻周遊間近で見る利尻山

DSC07606.JPG

冒頭の写真は夕日ヶ丘から礼文島に沈む夕日

とても穏やかな日だった。

利尻山を360度からその姿を楽しんだ。


利尻山登山から、仙法志御崎公園、オタトマリ沼を巡りいよいよ鴛泊港近くの姫沼にやってきた。

急登して駐車場に着くと1台の車、初めて会った観光客だった。

沼から見えた利尻山

DSC07574.JPG






山頂部をズームアップ

穏やかな山頂の姿を見せる

右の山が長官山

DSC07575.JPG





出来たばかりの木道が寂しく一周しているので、巡ってみた。

ネコヤナギが芽吹いている

DSC07577.JPG




かなり大振りのザゼンソウ、少し傷んでいるのでハイキーで

DSC07579.JPG





このような立派な木道をしつらえ、多くの観光客が来るのを楽しみにしていたろうに

DSC07584.JPG





一番の撮影ポイントにテラスがある

手前の水草が邪魔だなぁ、姿が湖面に映らない

DSC07585.JPG





観光客の夫婦に声かけしたら関西からの人らしい


車で戻る途中に姫沼展望台があり、鴛泊港を俯瞰できた。

後方は礼文島

ペシ岬に灯台があり、登れるようだ。

DSC07587.JPG






14:10 ペシ岬の山頂に立つ

かなりの急登だったが、途中に会津藩士の墓もある。

ここからの利尻山も良い形だ

DSC07588.JPG






利尻山の山頂部をズームアップ

DSC07590.JPG

稜線の途中の肩が長官山だ。

そのすぐ上に鴛泊コースの避難小屋がある





岬の灯台も入れて

DSC07591.JPG





礼文島を入れてみた

DSC07592.JPG






この方角のパノラマ撮影、利尻山と礼文島は一緒に入らなかったので二分する

DSC07593.JPG






DSC07594.JPG


夕方まで時間がたっぷりあるので利尻温泉に入りに行く

ゆっくり足の疲れをとり、ベンチで仮眠した。



夕陽が沈むまでまだ時間があるのでまた島を一周した

仙法志御崎公園から夕陽を浴びる利尻山

DSC07598.JPG






オタトマリ沼の夕景

DSC07599.JPG






朱に染まる山頂

DSC07601.JPG






18:10 夕日ヶ丘に立ち、利尻山を

DSC07604.JPG





礼文島に沈む夕日、手前の島はポンモシリ島

DSC07606.JPG





夕陽を浴びる海に家並のシルエットが良かった

DSC07607.JPG





赤い太陽と礼文島の知床岬灯台の灯りを入れて

(左上に小さくポツンとある光が灯台です、ゴミではありません)

DSC07608.JPG

こうして18日の利尻は暮れた



コンビニで缶ビールとつまみを買い車中で乾杯

良い一日だった

利尻に来て良かった

登れて良かった

明日は早朝のオタトマリ沼に行こう


また20:00過ぎにシュラーフに潜る






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    空気が澄んでいますね
    コロナも近づかないね
    2020年04月21日 19:46
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    本当に空気の澄んでいる三日間でした。
    朝夕の空気感も日中の空気感もどちらも素晴らしかった。
    この週末は天気が悪そうですから、ラッキーでした。
    2020年04月22日 16:20