日高アポイ岳登山 2020.05.23 ヒダカイワザクラを見に

DSC07913.JPG

温泉ツアー仲間のSaさんは今週もコロナ禍で東京の自宅に帰れない。

雪解けの時期なので山を選ぶのはなかなか難しいが、温泉番付には無い日高地方に出かけた。

冒頭の写真はお目当てのヒダカイワザクラ

名の通り岩の間に咲く、時期はぴったりだった。


札幌の自宅を4人でMoさんの運転で5:00に出発

高速道路を日高道に入ってすぐ工事中で降ろされる。

ラッキーなことに6:00には開通するので次のICで再度高速道路に乗ることができた。


襟裳岬に後35㎞ほどのところにある様似からアポイ岳の登山口に入る。

駐車場に着くと大勢の人がいる。

DSC07882.JPG

何事か、と思ったら高山植物の盗掘を防ぐための注意喚起だとわかった。

町の人や警察もいるようだ。

呼びかけパンフと携帯トイレをもらった。


アポイ岳は夕張岳、ニペソツ山などと同様に橄欖岩(かんらんがん)の超塩基性の岩からなるため、特異の固有種の植物が多い。

もう、7度目の登山だが綺麗なヒダカイワザクラを見たことが無いので、この時期の登山となった。


8:30に登山開始、あいにくの空模様で上部では雨を覚悟する。

この時期の氷雨は敬遠したいが、何人かの登山者もいるようだ。

登り始めてすぐオオサクラソウの群落が迎えてくれる。

DSC07886.JPG




ほんとうに大きなサクラソウでこの近くの日高楽古岳の山麓にも咲く。

楽古岳山麓のサクラソウは6月が見ごろだ。

DSC07884.JPG




まだエゾヤマザクラが咲く

DSC07887.JPG




パトロールの人が先を行く、樹木の根が絡まる登山道が続く

DSC07889.JPG





5合目の小屋までサクラソウが迎えてくれた。

9:30 5合目到着、1時間の行程はなかな良いペースだ。

ここで、霧雨が来たので雨具を羽織る。

岩場を登る


アポイタチツボスミレ

DSC07893.JPG





アポイアズマギクもたくさん咲く

DSC07895.JPG
この他、ヒロハヘビノボラズやエゾヤマツツジはまだ蕾のままだったし、キンロバイはわずかに地を這っていた。



7合目から登ってきた5合目の小屋と海岸線を見下ろす、ここからは雲の中で視界は無くなる。

DSC07897.JPG




サマニユキワリが綺麗に咲いている

DSC07902.JPG




雨の露を載せた花びら

DSC07900.JPG



8合目を過ぎて、岩をよじる登山路の向こうに黄色い花が見えた

望遠レンズで姿を捉えるとエゾキスミレ、黄色が鮮やかだ

DSC07906.JPG




ここで、岩の間に咲く本日のお目当てヒダカイワザクラを見つけた

DSC07910.JPG





冒頭にも乗せたがもう一度

DSC07913.JPG





11:08 雨と風のアポイ岳山頂に立つ

Moさんの撮影

DSC07914.JPG





ここからは雨がひどくなるので、カメラをザックに収容

休憩もせずに下山にかかる

濡れた岩で滑らないように慎重に下る。




8合目過ぎたザレ地でひっそりと咲くミヤマオダマキ

DSC07918.JPG





5合目で行動食を摂り、そのまま下山

12:45 に登山口まで無事下山

小雨の中、すぐ傍に立つアポイ山荘でお風呂に入りレストランで痛飲


酔っ払いを載せたMoさんの車は札幌を目指す


生憎の雨だったがメンバーには喜ばれた。

人気の山ですからね。

30日にはもっとハードな山を登りたいとリクエストされた。

25日には北海道も非常事態宣言が解除されるのだろうか。


雪の無いハードな山、山行時間6時間ぐらいでできれば温泉のある山を探そう。

すっかり、温泉チームから登山チームに変身してしまった。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    三蜜ならぬ四蜜は良いのかなー
    25日には監禁解除になるのになー・・・
    困った連中だ・・温泉と食事の風景が無かったが・・
    2020年05月24日 15:11
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    四人だと怖くない、ですがまた札幌でも感染者が増加しました。こうなると怖いですね。
    温泉では無いし、食事もレストランですから取り立てて写真を掲載するほどのことではなかったです。
    2020年05月25日 05:44
  • prosperity_pie

    高山植物の写真に癒やされましたー!この植物たちにも薬効とかいろいろとあるのだろうなーと思いつつ。登山口で携帯トイレを配布するということは、登山道にはトイレがないと言うことですね。こういう機会に携帯トイレとかに慣れておくと災害の時に役立ちそうですね。それにしてもなぜ北海道だけいまだに感染拡大中なんでしょう。検査数がほかの県に比べて多いのかもしれないですね。先日岡山県では発熱して救急車に乗ったものの、受け入れ先の病院が決まらなくて5件もの病院をたらいまわしにされたとニュースになっていたそうです(母の話なのですが)。救急隊員が味覚と臭覚があるらしいのでコロナじゃないみたいですと言ったらやっと5件目の大学病院が受け入れてくれたと。救急隊員も医療者も命がけですね。
    2020年05月26日 09:13
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    この山固有の高山植物があります。
    とても貴重な山でジオパークにもなっています。
    山中の携帯トイレは全く施設の無いところでの使用、簡易トイレブース(簡易テントと座椅子)のあるところがあります。
    まあ、一度使えば慣れますよ。
    北海道で感染者が多いのはもうすでに第二波も来ていますが、雪まつりなどで中国からの観光客が入国規制されていなかった、という事実があります。
    現在は病院施設でのクラスターがいまだに発生していることです。
    2020年05月26日 16:03