樽前山・風不死岳登山 2020.06.07 霧と風の後に絶景が

DSC08115.JPG

東京に帰れないSaさんを慰める会「登山と温泉の会」を連続4週に亘って続けてきた。今回は少し夏山の訓練ということで各自2ℓの水を余分に持つ体力強化訓練を兼ねた。

少し登山の距離も伸ばそうと樽前山と風不死岳の北海道百名山二山を周回するコースとした。

冒頭の写真は雲がようやくとれた樽前山を風不死岳登山の途中で振り返る。


朝5:00に自宅にMoさんが迎えにきてくれた。

すでにSaさんは乗っており、Suさんも近くなので同乗して支笏湖に向かう。

生憎の曇りだが、天気予報では晴れる予定。


7:00に樽前山7合目の駐車場に着くが、すでに駐車場は一杯で林道の路肩に誘導された。

それにしても人気の山だ。


準備を整え7:10に登山開始。

カメラはSONY DSC-RX10M4


登り始めてすぐ支笏湖が見える。

風不死岳は雲の中

DSC08096.JPG



登山路の脇の溶岩の上に咲くコメバツガザクラ、花の直径は5㎜ほどと小さい

DSC08097.JPG




近くにはミネヤナギの花も咲く

DSC08098.JPG




雲と強風の中ウィンドブレーカーを着て山頂に立つ

8:03 記念撮影

DSC08100.JPG




行動食を摂りすぐ風不死岳に向かう


外輪山稜線に残る岩、40年以上も前に登った時もこのままの形であった。

DSC08102.JPG



932m峰を迂回しながら風不死岳登山口に向かう

途中でまだ小さなイワヒゲの花

DSC08104.JPG




ウコンウツギは満開だった

DSC08106.JPG





風不死岳の樽前からの登山はすでに40年前、かなりきつかったことを思い出す

途中岩場の鎖場があり、てこずるが無事通過

山頂に近づくとまだ桜が咲く、タカネザクラだろう

DSC08111.JPG





山頂に近づくと雲が取れ始める

樽前山が見えだした、急ぎ撮影する、これが冒頭の写真

山頂で晴れてくれる保障は無いので見えた時が撮影時、タイミングは外さない

DSC08115.JPG




10:21 風不死岳登頂

DSC08118.JPG


Moさん持参のガスコンロでお湯を沸かしカップ麺を食べ、Saさん持参のドロップコーヒーを飲む

食べ終わる頃に雲が取れた恵庭岳が見えた

DSC08136.JPG

右下湖岸に丸駒温泉が小さく見える

あの露天風呂からは支笏湖越しに今いる風不死岳が見えていた



恵庭岳には6月21日に登山予定

あの山頂の溶岩ドームも見える

DSC08138.JPG




支笏湖を入れて縦位置で

DSC08139.JPG



次々に登山者が登ってくる

こんなに人気の山だったのだ

樽前山がとても綺麗に見えた

DSC08146.JPG

左 東山山頂からの登山路がくっきりと見えている




2014年12月13日に風不死岳北尾根から登って見た樽前山

感動的だった

201441.JPG





2013年2月23日、風不死岳登山途中で見た支笏湖、白い世界に青の湖面がとても印象的だった

DSC00003.JPG





樽前山を入れたパノラマ

DSC08142.JPG






羊蹄山の山頂の雲も取れた

DSC08143.JPG





11:21 風不死岳山頂で記念撮影

DSC08148.JPG




すぐ下山開始

隣の偽ピークから先週登った徳瞬瞥山(右)とホロホロ山(中央)

DSC08149.JPG





徳瞬瞥山を入れた羊蹄山の眺望

DSC08150.JPG





カメラを右に振り羊蹄山と恵庭岳

DSC08151.JPG





眼下の支笏岸の色

DSC08152.JPG




意気揚揚と下山する

途中で何輪か開花したムサラキヤシオツツジ

DSC08153.JPG





ダケカンバの林を下る

DSC08154.JPG





ダケカンバの樹間から見える樽前の溶岩ドーム

DSC08155.JPG





岩場に差し掛かり、その岩壁とわずかに見える樽前溶岩ドーム

DSC08156.JPG




あの鎖場を慎重に降りるSuさん

DSC08158.JPG





下から写すSaさんの下降

DSC08159.JPG





平場に降り立つとほっとする

後は淡々と7合目の駐車場に向かう

エゾイソツツジがかなり咲き始めていた

DSC08162.JPG


13:15 下山、登り 3:11 下り 1:54 山頂休憩 1:00 合計6時間05分




支笏湖の休暇村で温泉につかる

10名の入浴制限があったが運よくすぐ入ることができた

入浴料は800円

ロッカーも市松に使用制限されていた


ホテルロビーで缶ビールで乾杯

Moさん運転ありがとうございます


長沼まで足を延ばして、かねひろジンギスカンと生ビールで改めて乾杯

来週も登山することになった


登山と温泉、美味い物にビール

定番になりました

Moさん何度もありがとうございます







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • prosperity_pie

    カゼフシ岳?また変わった名前ですねー。お天気も良くて気持ちよさそうで、こちらまですがすがしい気分になれました!でも水やカメラを持っての登山はきついのではないですか???さすがだなーと感心するとともに心配にもなります。高山植物たちがまた可憐ですねー。そして湖と山の色の美しさ。ありがとうございます。小鳥とかへりとかはこのくらいの目線なんでしょうか。いつも空高いところからこんなきれいな風景をみれたらいいですよね。
    2020年06月09日 09:03
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    ぷっぶしだけ、と読みます。アイヌ語への当て字でしょうね。かつては熊の巣と言われてあまり登る人もいなかったのですが、この日は多かった。人気の山でした。
    雲が取れて眺める絶景、皆に喜ばれました。山の花も調べておいて良かった。すぐ答えられると尊敬されます、エヘン!
    伝言ゲームで後ろの人には違ってち伝わっていますので滑稽ですが。山に登るだいご味は巷を俯瞰できることでしょうね。気持ちの良いものです。来週は暑寒別(しょかんべつ)岳の予定で、花の百名山です。お楽しみに。
    2020年06月09日 14:49
  • tetsu

    なんだ神田と言いいながら
    ただ山に登りたいだけなんでしょ
    よく晴れた日でよかったね
    2020年06月09日 21:10
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    ふっぷしだけの間違いでした。

    2020年06月10日 04:17
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    メンバー全員が登山+温泉+美味しいものにはまってます。
    また今週末も・・・・。
    登山は天気が一番です!
    2020年06月10日 04:18