岩内岳・雷電山縦走ピストン 2020.07.18 ニペソツ登山の訓練

DSC08239.JPG

今年の登山のメインテーマ、東大雪の名峰「ニペソツ」に日帰り登山するための最終訓練で岩内岳~雷電山往復を選んだ。
冒頭の写真は岩内岳山頂にて羊蹄山を眺めるMo氏。

朝の4:00に迎えに来てもらい、Mo氏の運転でSu、Sa氏を加えて4人で余市経由で岩内市街に入り、キャンプ場の登山口に向かう。
快晴の長丁場の登山に備え、スポーツドリンク0.5ℓの他、水を2.0ℓを各自持つ。

6:30に登山口出発。

六合目を通過して「ふりむき坂」にかかる。
DSC08232.JPG


この辺りから岩内市街地と港、遠く積丹半島と泊原発が俯瞰できる
DSC08233.JPG



DSC08234.JPG



「松風の回廊」から岩場が増え、勾配が増す。
DSC08236.JPG

山頂に8:15に着いた
登頂までに要した時間は2:45、途中3回の休憩を取った。

ニセコアンヌプリの後方に羊蹄山が美しい
DSC08244.JPG



カメラを右に振ると、目国内岳(めくんないだけ)、中央後方に昆布岳
DSC08243.JPG



岩内岳山頂からの岩内市街、積丹半島の積丹岳と余別岳が見える
DSC08248.JPG



山頂で記念撮影
DSC08250.JPG




これから向かう「雷電山」は中央右
DSC08245.JPG




岩内岳から雷電山を目指す、いったん下るが帰りの登り返しのきついところ

目国内岳との分岐を過ぎ、湿地帯と灌木帯、ハイマツ帯を延々と歩く
ゴゼンタチバナ
DSC08253.JPG


チングルマが風にそよぐ
DSC08257.JPG




日差しは強いものの適度な風が吹き、とても気持ちが良い
藪の下の枝や根に悩まされながら頂を目指す

やがて五つ沼
DSC08258.JPG


足元にはモウセンゴケが一面に敷き詰められている
水草が水面に綺麗に浮く
DSC08261.JPG


ぬかるみを何とかかわしながら進む

雷電山に近づく、山影を回り込むと日本海と雲海の上に「大平山(おびらやま)」が聳える
あの「オオヒラウスユキソウ」の咲く山である
DSC08264.JPG



山頂手前に咲いていた「エゾシオガマ」
DSC08269.JPG



若者三人組と交差する
雷電海岸から登ってきたそうで、ブッシュやダニがひどかった、とのこと。

11:15 雷電山登頂、これまでに要した時間は4:45

早速記念撮影
DSC08272.JPG


あたりはハイマツで眺望もままならない
下の草地で昼食、時間が無いのでお湯は沸かさない

なんとか全工程を10時間を切って下りたいので先を急ぐ

行程を振り返るような眺望を楽しみながら行く
DSC08274.JPG
辺りは一面のエゾカンゾウ

エゾカンゾウ、本州のニッコウキスゲと同種のユリ科、花は一日にしぼむ
DSC08282.JPG



アキノキリンソウ
DSC08276.JPG



ハイオトキギリ
DSC08278.JPG

山は花にあふれる

全景が見えた
左端のポコが岩内岳、あそこまで戻れば後は下り
DSC08283.JPG



また花を撮る
カラマツソウ
DSC08288.JPG




ミツガシワ
DSC08289.JPG



ミヤマキンバイ
DSC08294.JPG



ただもくもくと歩く
ひたすら歩く

チングルマの先に岩内岳、赤く禿げたところは岩のザレ場
DSC08295.JPG


チシマフウロ
DSC08298.JPG



目国内岳分岐手前で「ヒオウギアヤメ」
DSC08300.JPG


標高差約100mのザレ場をもくもくと登り、14:15に岩内岳に戻った。

羊蹄山には雲が掛かる、朝の良い時間に撮影できた。

ひたすら下る。
途中3回休憩した。

もう水は残り少ない。

登山口には16:00丁度に下山した。
要した時間は 9時間30分 10時間は切ることができた。

実行動の登り 4:15、下り 3:50 合計 8:05+休憩 1:25 


登山装備を解き、冷やした缶ビールを飲むが気持ちが悪くなるぐらいに疲れていた。
万歩計は38,000を超えていたという

体を引きずるように温泉に

目当ての「グリーンパークいわない」も「おかえりなさい」もコロナ禍の影響で15:00で日帰り入浴は終了していた。
公衆浴場的な「サンサンの湯」に一人500円で入浴する。

いわない温泉郷は道内温泉番付で「西の小結」だ

食事とお酒は岩内地元の「磯丼の天富」、その磯丼をいただく、3,000円也
DSC09978.JPG

この豪華版でビール二杯(グラスに7:3で綺麗に泡を載せている)と日本酒を頂いた。
明日は私が幹事のゴルフなので19:00で終了し、帰路に着く。

岩内市街を抜けるあたりで見えた「岩内岳」見納めである
DSC09979.JPG


20:30には札幌の自宅に戻ってきた
爆睡






さて、23日からのニペソツは糠平温泉に3泊予約して24日または25日の天気を見て登頂を試みる。

ちなみに、今日の岩内・雷電の距離は17.3㎞、ニペソツは23.3㎞
登り返しは岩内岳100m、ニペソツは126m、
いずれの数値も大きいが、今回の山行で筋力はついているし、中5日の休養は体力の回復には有効だ。
信じて挑もう。

ここで、ニペソツの私が撮った写真を載せる

トムラウシからニペソツ
トムラウシから東にニペ.JPG



ウペペサンケからニペソツ
ウペペサンケから北のニペ.JPG




音更岳途中からニペソツ
音更山途中から南のニペ.JPG




天狗平からニペソツ
天狗平からニペに向かう.JPG




ニペソツから前天狗岳
ニペから見返す前天狗.JPG




天狗平からニペソツ
DSC00137.JPG




タウシュベツ橋梁とニペソツ
2017-10-143.JPG

これほどまでに美しい

天気を祈るばかりだ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    きれいなおやまをありがとう
    何時までも若くないからね ゆっくりと楽しんで
    山を登ってください スイスの丘の征服と同じですね
    登ってくだだってまたのぼる
    2020年07月21日 06:07
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    登って下って、また登るのはとても疲れます。
    俗にいう登り返しなのですが、山の途中で下りがあるとぞっとします。帰りは登りですから。
    人生と同じです。
    これからは下り一方の老後ですけど・・・・。
    2020年07月21日 20:19