2020年末旅 2020.12.25~ 満を持して道東へ

DSC00769.JPG

今年は2月ぐらいから新型コロナ禍に翻弄された一年だった。
年末年始の外出規制の中、αCafeへの投稿用写真が無くなったのと恒例の年末旅を早めに決行した。

25日当日に釧路の常宿を予約した。
27日まではGoTo割引が利くらしい。

ダウンシュラフを積んで札幌を10時頃出発し襟裳経由で道東に向かう。
札幌は雪だったが、千歳付近からは小雪、道中日差しまで出ていたが襟裳岬の手前5㎞付近で吹雪になる。

14:30、襟裳岬の風は14~5m、駐車場には私の車1台だけ、こんな日に誰も来ないよね。

車で風を避けて防寒具、カメラの用意をするため、風下側から出られるように車を止めた。

カメラはSONY DSC-RX10M4だけを持って出た。

DSC00763.JPG

風の館も閉じている。




灯台も寒そうだ。
当然足跡も無し

DSC00764.JPG




襟裳岬の看板にも雪がへばりつく

DSC00767.JPG





そこの手すりから冒頭の写真、雪で煙る岬の先端と小島群を24㎜広角で写した
その小島を切り取る

DSC00775.JPG





移動してパノラマ撮影、左に風の館の展望室が見える

DSC00779.JPG





足元を見ると横殴りの雪

DSC00781.JPG




雪の降りが少し穏やかになった
急いで車に戻り、12-24㎜の超広角レンズを付けたα7R4を持って岬に急ぐ

DSC01406-1.jpg





襟裳岬の超広角撮影

DSC01409.jpg

これが撮れただけで襟裳に来て良かったと思う。
この後、思い出したように雪が吹き荒れる。
一瞬の隙間、だった、これもラッキー


襟裳岬から百人浜までは猛吹雪
過ぎるとからっと晴れた


黄金海岸の波も静かだった

快適に車を走らせ、釧路市鳥取のラーメン店で大盛ワンタンメンを食べ、18:30過ぎに宿に入る。


翌朝の天気と温度を確認するが、丹頂鶴撮影の鶴居村は快晴、気温は-7℃
雪裡川の霧氷が見られるか不安だが、まあ出かけよう


翌26日の日の出は7:00頃なので2時間前の5:00に宿を出て6:00過ぎには「音羽橋」に着いた。

驚いたことにまだ三脚は立っていない、例年ならスペースが無いぐらい林立しているのに
それに駐車場には車が一台だけで先客が2名だけ

土曜日だが、やはり気温が高いので皆敬遠したのかな、と一番良い場所を選定して三脚を据える

6:23 まだ明けやらぬねぐらを撮る
気温は-10℃、ぼんやり霧氷も見える、ラッキーだった

DSC00783.JPG





一か所にまとまって団子状態で寝ていたのだろう
暗くてISO値が高くなり画質は落ちるが掲載する

DSC00788.JPG





6:37  えっ!もう飛び立った?

日の出になるとかなりの数が飛び立つのだが、まだ早いのでは
DSC00845.JPG




急いで連写で追う
DSC00881.JPG

綺麗な飛行形だが





DSC00887.JPG





頭上を過ぎて朝陽の中でシルエット、何か様子がおかしい
DSC00893.JPG





するどい嘴がない、それに足も短い
DSC00901.JPG

ハクチョウだった
ねぐらが少し離れたところから飛び立ったようだ




少し明るくなってきた、と同時に人も増えてきた
DSC00932.JPG

ツアーガイドに連れられた人達もたくさんいた
関西なまりのようだつた


それでも三脚は一杯にならない
以前来た時は4:00過ぎから三脚は立てるのよ、と言われた
今年は本州からの撮影者は少なく、地元の人が多いのだろう

6:49 日の出前だが今度は飛び立った
DSC00945.JPG




集団なので飛行形の良いものを選定する
何せ、この日は800枚以上撮っている
DSC00954.JPG





今度は二羽が飛び立った
DSC00988.JPG





徐々に高度を上げると姿も見える
DSC01004.JPG





7:12 朝陽が射してきた、樹氷が美しい背景になる

その中を飛ぶ二羽を連写で追ってみる
DSC01040.JPG




DSC01041.JPG





飛行の時の羽の動きがわかるだろう
DSC01042.JPG





DSC01043.JPG





DSC01044.JPG





DSC01045.JPG





DSC01046.JPG





DSC01047.JPG





DSC01048.JPG



優雅な飛び方だ
DSC01049.JPG





ねぐらの鶴が分散し、数も減っていく
DSC01050.JPG




集団で飛ぶ姿を追う
DSC01096.JPG





DSC01109.JPG






DSC01128.JPG





DSC01150.JPG





頭上を飛んで行く、編隊飛行が美しい
DSC01169.JPG





今度は一羽が向かってきた
DSC01187.JPG




朝陽で輝く霧氷の中を飛ぶ
DSC01232.JPG





中央の一羽だけトリミングしてみる
DSC01232-1.jpg





ぞくぞくと飛ぶ
これなんかは二羽の羽の重なりが良い
DSC01261.JPG




これでも相当抜粋しているのだが、何せ数が多い
DSC01289.JPG





DSC01320.JPG






今度は低空飛行だ
DSC01329.JPG





DSC01354.JPG
十分堪能した


ここらで飛行は一段落、カメラマン、ウーマンも徐々に散る
残った鶴達はすぐ飛び出さない

三脚を畳んで車に戻る
その前に霧氷で輝く河原の草を
DSC01388.JPG




駐車場から樹氷越しの太陽を、アンダーで
DSC01392.JPG




7:40  音羽橋から伊藤サンクチャリで給餌を待つ丹頂を撮りに向かう

鶴居村のコンビニでホットコーヒーを飲み体を温める

ここからは次のブログに譲る、近日アップ予定










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    ご苦労様 
    でも大企業の社長心違いがGOTOなんてせこいなー
    三脚を使った本格的な撮影プロ顔負け・・機材はプロと同じだね
    2020年12月28日 08:09
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    GoToトラベルキャンペーンも今日から来年11日まで使用停止、何だかコロナ禍に疲れてきましたね。
    三脚を据えて暗い中で撮ろう、と思ったのですが機材は相変わらずRX10M4です。α7sⅢとバズーカレンズで撮りたいですね。また違った世界が見えてくるのでしょうね。
    2020年12月28日 09:22