みちのく紀行-4  2022.05.08 リンゴの花と岩木山

DSC08014.JPG

酒田で土門拳記念館を訪ねるというテーマ旅だったのだが、なぜ宿泊地が弘前だったかというと、この写真が撮りたかったのです。


リンゴの花は白にピンクが混ざり、とイメージがあったのでその花と白い岩木山を撮影できて幸運です。

カメラはSONY DSC-RX10M4にハーフND0.9フィルター


弘前城と桜は最も有名ですが、桜の時期は例年より早くも済み、リンゴの花の時期になっていた。

それでもリンゴの満開予想は5月中旬、早いかなと思いつつ、早生のリンゴもあるかもしれないと期待していた。


みちのく旅の最終日は前夜の雨で洗われた澄んだ青空のもと、絶好の撮影日和になった。

どこで撮影するか?

ロケハンもしていなかったので、朝ホテルでTaさんがネットで調べると、弘前の「リンゴ公園」があるようだ。


7:00 に出発。

弘前市内なのですぐに到着。

なんとリンゴ祭りの最終日だった?


まだ十分空いている駐車場に車を止め、小高い丘に登ってみる。

いろいろ邪魔なものが多く、その麓に陣取る。


リンゴの花は予想に反して白一色。

その中に一本だけ白とピンクの花を付けた樹を見つけて、その場で山頂の雲が取れるのを待つ。

DSC08020.JPG




8:41 待つこと約1時間、雲が取れた!

DSC08007.JPG


ピンクの花びらを付けたリンゴの種は「世界一」

巨大なリンゴの成る樹だった。

これ一本だけ。

これも幸運だった。


そして超広角でも撮影、白い花の樹の枝を存分に入れて

SONY α1+FE14㎜F1.8GM

DSC09179.JPG




世界のリンゴの樹が植えられていて、開花が見事だった「サージェンティ」、北海道室蘭地方原産とあるので驚き!
室蘭地方のリンゴ園は壮瞥町だろう。

DSC09177.JPG



存分に撮影し、この地を離れ津軽平野にできた汽水湖「十三湖」に向かう。


道中もリンゴの花と岩木山を撮影する。

リンゴ園を巡る旅となった。

DSC08023.JPG





DSC08026.JPG





DSC08027.JPG





10:33 十三湖到着、橋の上からすっかり裏側からの景色になった岩木山

DSC08030.JPG



十三湖はしじみ貝で有名で、「しじみラーメン」が目的
ちょっとお昼には早いかな、と思ったが「しじみ亭」は開いていた
DSC08031.JPG
しじみのエキスたっぷりのあっさり縮れ麺、味は濃厚!

十三湖から仕事をしていた蟹田へ
ここで見せたかったのは日本最古、否、世界最古の土器の破片
15,000年前の縄文草創期の集落の証

国史跡「大平山本遺跡(おおだいやまもと)」から発掘された上記の土器は大山ふるさと資料館に現物があった。
DSC08032.JPG




DSC08033.JPG

2021年にユネスコ世界遺産として登録された東北北海道の縄文遺跡17か所でもダントツの古さ。
土器に付着した植物の炭素検査で年代が特定されたようだ。

二年前にカミさんと訪れた時の学芸員と一緒の人だったが、今度は日本最古、いや世界最古ですよね、と言ったらそうですと答えてくれた。
前は自信なさげでしたが。


7年前に仕事をした蟹田はすぐ傍、そして思い出したのはなぜ蟹田という名前だったのか。
仕事をしたのは秋から冬に掛けて、蟹田だからカニがあるだろうと調べたら獲れるのは春で残念な思いをしたことがあった。

ネットで調べるとカニの種類はトゲクリガニで4月中旬から5月中旬に掛けて漁があり、駅前の食堂ウエル蟹で食べることができる、とある。
早速向かう。
途中、番屋のようなところでも看板を見たことがあるので寄ってみたが、コロナ禍で休業とあり閉店していた。
ウエル蟹は食堂がついているが、鮮魚も売ってる。

あった、あった 小ぶりだが毛ガニそっくりの雌カニが一杯360円で売られていた。
DSC08040.JPG

200~250gの大きさ、身はあまり期待しないでミソと内子に掛ける。
濃厚、これぞ蟹
身はしゃぶる

美味しくて一人で3杯食べて、一人で缶ビール三本飲んでしまった。

堪能して、温泉に向かう。
陸奥湾を北上して湯の沢温泉「ちゃぽらっと」へ
ここもカミさんが絶賛の地域の温泉施設だった。
入浴料350円

良い気持ちでTaさんの運転で青森空港へ戻る。
15:00にレンタカーを返し、16:10発の飛行機に乗る。

走行距離約700㎞超、ガソリン代は一人3,000円と割安

大満足、撮影に温泉に食事に堪能した3日間だった。
すばらしい旅だった。
また、このメンバーで撮影旅行に出よう。

Taさん、Oiさんありがとうございました。
次はどこかなぁ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    リンゴの花びらが 風に散ったよな
    月夜に月夜に そっと え―――
    つがる娘は ないたとさ
    つらい別れを ないたとさ
    リンゴの花びらが 風に散ったよな
    聞こえてきそうですね それにしても素敵な友達です
    2022年05月14日 06:02
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    この公園の石碑から美空ひばりの「りんご追分」の歌が流れていました。改めてじっくり聞きましたが上手いですね。
    小生リンゴアレルギーで食べられないのですよ。
    40代までは大好きでしたが、突然シラカバ花粉症で食べられなくなったのです。😢です。
    2022年05月14日 11:12
  • prosperity_pie

    りんごの花と岩木山、いい風景ですねえ!青森の縄文遺跡、私も行ったことがあります。1996年頃ですが。。。三内丸山遺跡っていう遺跡だったような。青森は、見所たくさんありますよね。私の大学時代の青森出身の同級生は、両親も先祖もみんな青森といってましたが、どうみてもユダヤ系白人だったという不思議な人もいましたし。。。ハリウッド女優のナタリーポートマンにそっくりだったんですよ、本当に!
    2022年05月14日 14:20
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    東北には美人さんが多いです。写真家の木村伊兵衛氏の作品で「秋田おばこ」とググってください。ハーフと思しき美人が写っています。もう亡くなっていますが、旧姓柴田さんでした。私の親戚ではありません、念のため。
    2022年05月16日 18:31