釧路川源流のカヌーツアー 2020.01.03 屈斜路湖から3.5㎞の撮影旅

DSC04171.JPG

新年あけましておめでとうございます。

正月休みが今年は長く5日まで続く。

それを見越して道東撮影旅行を考えていた。

最近2,3年前から温めていた釧路川源流の冬季カヌーツアーだ。

昨年末に3日朝6:30~8:30までのツアーを予約しておいた。


予約先は弟子屈のMatatabi(マタタビ)さん。


冒頭の写真は屈斜路湖から釧路川に流れ込むチョウコ(眺湖)橋たもとから出発する間際。
カメラはSONY DSC-RX10M4


2日の12:30に札幌を出発
道東道をひた走るが占冠からトマム間で事故のため通行止め
やむを得ず、下道で十勝清水まで久しぶりに日勝峠を越える。
これがかなりの吹雪で、トマムから高速に戻れば良かったと後悔するぐらい。


十勝清水からは道路は乾燥、夏同様のツーリング

釧路のお目当てのラーメン屋も蕎麦屋もお正月休み
がっかりして7-11で簡単な食事と飲料水、非常食を購入して弟子屈町道の駅「摩周温泉」に向かう。


途中で、思い付きで鶴居の温泉「グリーンパーク」に寄るが、レストランは宿泊者のみ。
それでもモール温泉かけ流しの浴槽で体を温めてしばし休憩する。


弟子屈の道の駅には20:00着、ここから翌日の集合場所のアイヌコタンまでは20分ぐらい。
気温は-14℃、厳冬期用の羽毛シュラーフに包まり就寝。


翌朝は4:00に起き、pcを開くが満タンだったバッテリーが寒さで稼働しない。
車のエンジンを掛け、シガーライター経由で電源を補給し、αCafeへの投稿とフォロワーの作品チェック、メールなどのチェックをする。

5:45に道の駅を出発。

車外温度は-14℃だが、もう少し低いようだ。
顔がピリピリする。


コタンで少し待つとガイドでツアー会社代表の森田さんが迎えにきてくれた。
それともう一名

少し移動しキャンピングカーの中で装備を整える。
ネオプレーンゴムのソックスをはき、ドライスーツを手伝ってもらいながら着る。
ネックウオーマーを借りて、ニット帽、手袋は持参のものを使う。
ドライスーツの上からダウンジャケットを着て救命胴衣を装着。


これで出発。
持ち物はカメラのみ。
こういう時にはレンズ交換式ではないネオ一眼タイプのRX10M4は最強。


冒頭の写真を再度載せる。
屈斜路湖はカルデラ湖、周囲には山が連なる。

DSC04171.JPG


いざ湖岸の氷を乗り越えてカヌーに乗り込み出発
パドルを渡されたが同乗の森田さんにお願いして、私は撮影に専念する。


遠くに藻琴山が見える
DSC04172.JPG

毛嵐が発生し、和琴半島が霞む

DSC04173.JPG



湖岸の煙はコタンから

DSC04174.JPG




水底まで見える、浅い

DSC04182.JPG




チョウコ橋をくぐり、釧路川に入る

DSC04198.JPG

もう少し毛嵐や樹氷が発生するぐらい気温が低下していないと幻想的ではない。
やはり雪も少なく、気温が高いのだろう。



これ以降はカヌーの進むまま画像を主体に載せる。

DSC04200.JPG




DSC04208.JPG




流木の根がオブジェになっている。

DSC04215.JPG





鏡の間と呼ばれる摩周湖からの伏流水の湧水地

DSC04224.JPG





DSC04231.JPG





バイカモの上にフロストフラワーが咲いている

DSC04226.JPG





DSC04233.JPG




7:11 小山に阻まれていた朝陽がようやく川に注ぐ

DSC04252.JPG





細い水路を進むとヤチダモの樹が聳える

DSC04261.JPG






DSC04271.JPG





樹間からの朝陽は美しい、暖かく感じるぐらい

DSC04273.JPG





岸辺の草にも霧氷

DSC04284.JPG






DSC04290.JPG






DSC04291.JPG






DSC04297.JPG



もう、シャッターを押しまくりです。

帰ってからの写真整理がたいへんだろうなぁ

DSC04323.JPG





DSC04318.JPG





これが一番幻想的だった

DSC04336.JPG





カワガラス

DSC04329.JPG






DSC04312.JPG







DSC04351.JPG






終点の美登里橋に着いた、あっとゆう間のツアー
でも、体も冷えて、手も指先も凍えてこれ以上はだめ、という正味1時間の厳冬期カヌーツアーだった。


カメラのバッテリーは交換しなくても保ってくれた。

DSC04357.JPG

この水の透明度
これが釧路湿原の水を含むと茶色に濁る


上流はこのように清涼だ


岸辺のフロスト

DSC04359.JPG




カヌーを引き上げている内に、美登里橋の下をくぐって、さらに下流を写す

樹氷のアラベスク

DSC04369.JPG





カラマツの樹間は燃えるようだ

DSC04374.JPG



すばらしいプライベートツアーだった
樹氷や霧氷がもっと発達したところも見てみたい
再度挑戦しよう。


待っていてくれた車で発着点に戻り、着替えて8:30に知床に向けて出発
丁度、箱根駅伝の復路もスタートした。


川湯の街を通るとものすごい樹氷
これは川湯の名のとおり、湯の川から発生する湯気が樹や草にまとわりついたもの


車を停めて撮影タイム

DSC04382.JPG





足湯を配した公園があり、湯の川が流れる

DSC04389.JPG





街中の様子、排水口から湯気が上がる

DSC04396.JPG





DSC04394.JPG






電話ボックスにも氷の結晶 霜が付く

DSC04395.JPG





湯の川の上流では

DSC04400.JPG





DSC04409.JPG





DSC04401.JPG





青空に木々の樹氷が聳える
DSC04417.JPG





街中の駐車場の舗装を割って出てきた雑草にも氷の華が咲いている
DSC04424.JPG






DSC04427.JPG

これはすごいものを見てしまった。


それにしても川湯の街中はさびれてしまった。
多くの旅館やホテルが閉まっていた。
PH1.7という強烈な酸性の温泉なのに、温泉街がさびれていく。

寂しい限りだ。


バッテリーの充電器を持ってきていなかった。
また忘れた。


知床行きもすっかり意欲が無くなり、温泉に入って体を温めたくなった。

計画変更、まず摩周湖に行こう


第一展望台から雄阿寒岳

DSC04430.JPG




一昨年前の夏に登った摩周岳と摩周湖

DSC04433.JPG





残念ながら斜里岳は雲が掛かっている

DSC04436.JPG



鶴居の温泉「グリーンパーク」でまた温泉に入る

レストランで天ざるを食べ、駐車場でまたシュラーフに潜り込む

15:00に伊藤サンクチャリに丹頂鶴を撮影に行く

ねぐらに戻る丹頂鶴を撮ることができるはず
DSC04473.JPG





次の飛翔を待つグループ

DSC04554.JPG





さあ、飛んだ

DSC04575.JPG





別のグループが見送る

DSC04480.JPG






茜色の空に消えていく

雪里川のあのねぐらに戻るのだろう

DSC04453.JPG


これで本日の撮影は終わり
暗くなってきた


釧路の街でガソリンを補給して17:00に札幌に向けて出発する

道東道は狩勝峠付近でまた吹雪

それでも21:00には自宅に戻った。


新年早々、良い旅だった

知床はこの次にとっておこう







"釧路川源流のカヌーツアー 2020.01.03 屈斜路湖から3.5㎞の撮影旅"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: