テーマ:大雪の山

大雪山紅葉 2017.09.23 旭岳姿見の池から当麻乗越まで

旭岳の紅葉はもう終わりだろう、と午前中の天気予報だけで朝3:15に札幌を出発し、旭岳ロープウェー始発には間に合わなかったが、次の6:15に乗ることができた。 降りてすぐ、姿見の池に急ぐ。 冒頭の写真は姿見の池から鏡池に回り、裾合い平に向う途中で逆光の旭岳を撮影する。 今日もカメラはSONY DSC-RX10M3 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪山ポン沼の夜明 2016.10.02 天人峡から化雲岳ルート途中で宿泊

大雪山のポン沼のほとりでテン泊して、朝4:00に起床。ガスコンロに点火するのも面倒くさく、昨日食べなかった豆パンをゆっくり噛み飲み込む。冷える5:00にテントの入り口を開くと雲海の中に旭岳がうっすらと見える。 飛び起きるが、まだ風は強い。防寒具を着込みカメラを持って1947ポコに登る。 生憎の流れる雲の中、5:29東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化雲岳ルート 2016.10.01 三川台ルートから転進トムラウシの撮影

10月1日、2:30に自宅を出発。道央道三笠から富良野を経由して北美瑛を通過、1116号線に入るが通行止め。車を止め、積んでいたMTBで偵察に行くと、辺別川に掛かる橋の橋脚が流されている。これでは行き様がない。途方に暮れるが、気を取り直して復旧なった天人峡からトムラウシ方面に登ることにする。 冒頭の写真は第一公園の木道から見上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白雲岳(2229.5m)登山 2016.07.25,26 チョウノスケソウに会いに

25日月曜日、札幌から東大雪の銀泉台に入り、午後から白雲山荘を目指す。お目当てはこの花、チョウノスケソウに会いに。初めて対面できた。時期は遅かったがわずかに咲いていてくれた。 日曜日に移動の予定だったが、ゴルフで疲れて翌日にした。 例年、この時期は北海道百名山を目指して過激な山に入っているが、木曜日ぐらいから天気が崩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北見富士(1291m)登山 2015.07.20 真夏の藪山登山

この三連休は日高のカムイエクウチカウシ登山を予定していたが、台風11号やその影響での雨模様で断念した。日帰りで登る北海道百名山の登り残し、道北の北見富士にMoさんと向かう。写真は留辺蘂からの帰り道、端正ですっきりとした姿を見せる北見富士。 7月18,19日のカムエクのピンポイントの山岳天気予報は曇り一時雨、竜譚上流の札内川水位…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チトカニウシ山(1445.6m)登山 2014.05.11 春の北大雪を訪ねて

春の好天の日曜日、北海道百名山、北大雪のチトカニウシ山にスノーシューで分け入った。 チトカニウシとは函館のsakagさんの解説では「名前の由来はアイヌ語の「チ・トカン・イ・ウシ」(我ら・射る・いつもする・所の意)で、狩猟の際、ここで豊猟を占って矢を放ったとされている。」とある。 ともあれ、北大雪で登り残しはこのチトカニウシと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平山(1771m)登山 2013.09.23 比麻良山、アンギラスを巡る天空散策

三連休の最終日は快晴の一日となった。日高イドンナップ岳は体調不良で、アプローチ偵察に終わった。晴れない気持ちで北大雪の平山に出かけてみた。冒頭の写真はアンギラス(のこぎり状の岩場の通称)山頂より平山を振り返る。 名の通り平らな山頂だが、滝を眺めながらの登山道、登山口から2時間で1,800mの稜線を歩く天空散歩、大雪山や周囲の山…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東ヌプカウシヌプリ(1252.2m)登山 2012.10.27

北海道百名山の東ヌプカウシヌプリは、十勝平野が北につきるところから始まる東大雪の南端に位置する。つまり、十勝平野の北に突き出た山ということになる。然別湖へ通ずる道道85号線の左右に西ヌプカウシヌプリと並んで鎮座する。 ニペソツ撮影登山を終えて、12:45に杉沢出合の登山口を出発する。十六ノ沢林道から国道273号線に出て、紅葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニペソツ山(2012.7m)撮影登山 2012.10.27 白き峰々の撮影登山

ニペソツ山は日本百名山にはノミネートされていない。名付け親の深田久弥氏が選定発表後に登り、他のどの山か外してでも百選に入れなければ、と言いつつ、急逝したために実現しなかった。例年のこの時期に快晴の白き峰々を撮影するために登っているが、今年はニペソツ山を選んだ。 10月8日にチセヌプリを登っての帰路、紅葉行楽の渋滞に巻き込まれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

然別白雲山(1187m)登山 2012.07.15

然別白雲山は然別湖畔から見ると右側の山だ。湖面に映る唇山の右は天望山。そのまた右の岩稜の山である。 天望山とつないで、東雲湖まで足を伸ばし、湖岸を登山口まで戻るのが良さそうだが、西クマネシリ岳登山の後で時間が無いのと、雲の中で全く眺望が無いので白雲山だけでパスした。 西クマネシリのシンノスケ林道を出て、国道273号線を糠平湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西クマネシリ岳(1635m)登山 2012.07.15

北海道百名山の西クマネシリ岳は2008年にトムラウシに登った翌日、三国峠からの景観がすばらしかったので記憶している。眼下に広がる緑の原生林は北海道の手付かずの自然の広さを誇っている。その景観の中央に西クマネシリ岳が聳えていた。 また、2010年の音更岳からの景観も忘れることができない。中央のとがった頂が西クマネシリ岳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭岳(2,291m)登山 2011.10.20 白き峰々の撮影登山

旭岳の初雪は9月下旬ですが、例年のこの時期はまだ雪も少なく、快晴の日を選んで登頂し展望をものにしようと、旭岳ロープウェー駅を目指します。昨年(2010.10.22)は十勝岳、一昨年(2009.10.25)は美瑛岳と快晴の山頂で積雪期の眺望を楽しんでいます。 5:00に札幌を発ち、高速道路鷹栖ICから旭岳温泉に向います。途中、忠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛別岳(2,112.7m)登山 2011.08.20

愛別岳は大雪山の主稜線よりはずれ、比布岳と安足間岳から派生する吊尾根の先に独立峰的な存在の山です。北海道百名山でもあり、到達するのに時間距離が長いため、今回は愛山渓ルートよりもロープウェーが使える黒岳からアプローチします。写真は2010.08.30の北鎮岳から写した愛別岳(右)です。中央が比布岳(ピップ)、左が安足間岳(アンタロマ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠別岳(1,963m)日帰り登山 2011.07.30

忠別岳は大雪山の中央部に位置し、縦走の途中に寄る山で、HPを検索しても日帰りの記事は数件しか無い。それも健脚者ばかり。忠別岳11時到着であれば帰れると時間設定する。この写真は緑岳中腹よりはるか遠くのトムラウシ、その手前の忠別岳を撮ったもの。 憧れの高根が原を縦断して、忠別岳の山頂に立ちたい、と前日に層雲峡温泉の駐車場で車中泊す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武利岳(むりいだけ1867.2m)、武華山(むかやま1758.5m)登山 2011.07.09

北大雪の北海道百名山の二山に登るため、札幌を3:30に出発する。写真は武利岳に至る稜線に咲くイソツツジを従えた武利岳。国道39号線石北峠を越え、標識のある左手の林道に入る。約3km入り行き止まり、わずかの駐車スペースがある。先客は一台だけ。 8:10 東尾根コースから前ムカを経て、武利岳をピストンし、武華山を経由しライオン岩コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセイカウシュッペ山(1878.9m)登山 2010.10.03

北海道百名山のニセイカウシュッペ山はアイヌ語の地名の多い北海道の山の中でも、カムイエクウチカウシなどと並んで、変わった音で聞こえる。意味は「断崖絶壁の上の山」だそうだ。層雲峡の岩の上に聳える山から来た名前だろう、とガイドブックにある。 10月3日は層雲峡の駐車場の車中で目が覚めた。車の窓から見える空はどんよりと曇っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音更山(1932m)登山 2010.10.02  ユニ石狩岳も登山

音更山は大雪山の東、東大雪と呼ばれる山域の北側に位置し、南側の日本二百名山の石狩岳(1967m)と稜線を連ねた北海道百名山である。石狩岳は同年の8月14日に登頂済みのため、今回はユニ石狩岳と音更山、翌日に北大雪のニセイカウシュッペ山に登るべく、10月1日の夜に札幌を立ち、高速の道央自動車道大雪パーキングエリアにて車中泊する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウペペサンケ山(1848m)登山 2010.09.23

北海道百名山のウペペサンケ山は東大雪の南側に位置し、そのすぐ北にはニペソツが聳える。2009年の8月8日に登ったニペソツの前天狗から眺めたウペペサンケ山。山頂が平で長い頂稜になっているのが特徴で、左(東端)が糠平富士で、最高点は中央より右側にあり、ここをウペペサンケ山の山頂としている。 前日22日の17:00に札幌の自宅を出発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石狩岳(1966m)登山 2010.08.14

北海道百名山の石狩岳は東大雪域にあり、音更山と並んで東大雪の北に鎮座する。その南にはニペソツ山が聳え、石狩岳から沼の原を経由して五色岳、忠別岳、トムラウシと縦走ルートにも使える。 今回は十勝三股から音更川沿いの林道に入り、シュナイダーコースを登る。 前日の8月13日は鹿追から糠平湖を経て、三国峠を越えて層雲峡まで足を延ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北鎮岳(2244m)登山 2010.7.31  愛山渓からの往復登山

北海道百名山の北鎮岳は北海道第2位の標高を誇り、大雪山を旭岳から黒岳へ縦走する途中に位置する。冒頭の写真は縦走路から派生し愛山渓に至る稜線上の比布岳からの北鎮岳。 北鎮岳は2009年7月5日に旭岳から黒岳への縦走の途中で寄ったのだが、この日は天候が悪く眺望はなかった。 愛山渓は1977年に札幌に転勤してきてから、北海道の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白雲岳(2229.5m)登山  2009.09.20  紅葉の銀泉台から赤岳、小泉岳を経て

前日から層雲峡オートキャンプ場で車中泊していた。大雪山の銀泉台の紅葉を観にでかける。登り始めて20分もすると、絶景と紅葉に染まる山肌が目の前に出現する。 層雲峡を経て、国道273号線の大雪ダムを過ぎてすぐ、臨時の駐車場へと誘導される。かなり広い駐車場に入り、始発のバスを待つ。この時期、紅葉観光登山で混雑するため、銀泉台の駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛山渓・雲井が原散策  2009.09.19

愛山渓雲井が原は大雪山愛山渓温泉(標高1000m)から北側に広がる高層湿原である。アカエゾマツも巨大化できず芦原にたたずみ、愛別岳と安足間岳の眺望の優れた静かな散策の楽しめるところだ。 2009年9月19日から始まる秋の5連休は、この雲井が原、赤岳・白雲岳、雌阿寒岳、霧多布湿原と登山と湿原散策をカミさんと楽しむため、かなりの遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニペソツ山(2013m)登山  2009.08.08 東大雪最高峰の登山

2008年7月27日トムラウシ山山頂付近からのニペソツ山。日本200名山にして北海道100名山、東大雪の最高峰である。トムラウシ山にしろニペソツ山にしろ標高の低い山でも簡単に登れる山でもないのに、山という呼称はどうもなじめずいつも山を省略して呼んでいる。山仲間でもその方が通りが良い。もっと省略してトムラとかニペとかとも言う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トムラウシ山(2141m)登山  2008.07.27  あこがれの山頂  

25年振りに登山再開を決心させた山がトムラウシ山だ。若い頃にいつかクワウンナイ川を遡行して行こうと思い、決行できないままであった。日本百名山にして難関の山ということになっている。 2008年の1月4日に行きつけの円山の居酒屋「円か」のご主人夫妻から勧められてトムラウシ温泉「東大雪荘」に行き、ロビーを飾る当時の副支配人山本さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more