テーマ:道南の山

函館山登山 2018.01.14 朝陽に照らされた函館市街

朝少し出遅れたが、7:40函館山旧登山道の入口駐車場から山頂目指して登ってみる。冒頭の写真は山頂より駒ヶ岳方面を撮影してみた。 駐車場はほぼ満車状態、12,3台ぐらいの駐車スペースしかないだろうか。 天気は良いが函館としては気温が低いほうだろう。 車のウインドーの霜はガリガリに凍っていたので、-6,7℃ぐら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

恵山(612m)登山 2017.10.01 秋の軽登山 

道南の恵山は三度目の登山で、前回は霧の中登頂して視界は不良だった。今回は秋空の風もわずかに吹く程度の絶好の日よりだった。 恵山は活火山で、現在も中腹より水蒸気の噴煙を上げている。 その荒々しさを撮りにでかけた。 今日もカメラは SONY DSC-RX10M3 札幌に戻る予定がどうも疲れていて、車の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大千軒岳登山 2017.09.17 台風18号の影響下途中で断念

函館の職場の人達と道南の最高峰、大千軒岳に挑戦する。NJさんは二度登山を一緒にしたが、他の3名は靴やザック、雨具を調えながらの初の登山である。 冒頭の写真は奥二股登山口から20分ぐらい沢沿いに高巻きながら歩いて服装を整える休憩をとったところ、「狭戸(セバット)」と呼ばれる。 カメラはSONY DSC-RX10M3 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の函館山 2017.07.17 雨上がりの函館山

激しい雨の翌日、早朝の函館山に登ってみた。眼下に広がる函館港にも雲が掛かる。 カメラはSONY DSC-RX10Ⅲ 暑い日が続く。 函館の下宿にはクーラーが付いていないので、冷凍庫で冷やす水枕を買ってきた。 廊下の窓を開け、扉を開けて、風の通りを良くして過ごしている。 さすがに夜間は部屋の扉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横津岳(1166.9m)登山 2017.06.24 烏帽子岳、袴腰岳経由

北海道百名山の横津岳にnjさんと登る。山頂に航空レーダーのドームがあるので山頂まで舗装道路がついている。冒頭の写真はドームをバックに霧の中、山頂と思しきケルン横に立つnjさん。 24日の7:00に下宿を出発。 行動食などを購入しながら、七飯大川のICから横津岳の道路を登る。 途中から雲の中。 見通しの利かない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館駒ヶ岳登山 2017.06.11 新メンバーと登る

生憎の曇が頂に掛かっている。下山して仰ぎみると、幸運にもベールがとれるところだった。 職場のnjさんの登山レビューに函館駒ヶ岳を選択した。 前日の大雨の後、午前中晴れの予報で、火山礫で雨の浸透が良く、比較的短い登山が楽しめ、眺望の良い山として駒ヶ岳は正解だった。 njさんはまだ32才、長く趣味として続けるために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海向山(570m)登山 2017.05.21 一日二度の温泉入浴

21日の日曜日 6:00に函館山のつつじ山駐車場まで車で登り、山頂からの散策道を歩く。最初に御殿山砲台展望台で「子ぎつね」を見つけて激写。冒頭の写真はその展望台から立待岬側を見ると海霧が掛かってくる。 函館山の散策路はたくさんのコースがあり、戦時中は要塞だったので住人は立ち入ることができなかった。 地図中央よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館山巡り 2017.05.21 コン太くん激写

昨日の毛無山に次いで、翌朝は軽めにと函館山を徘徊することにした。6:00につつじ山駐車場まで車で登り、ここから砲台跡などを見ながら、と思ったらその御殿山砲台展望台にコン太くんがいたのです。 カメラはSONY DSC-RX10Ⅲ、35㎜相当で600㎜の望遠を持つ性能をいかんなく発揮できた。 とにかく、ノートリミングだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館北斗 毛無山(750.6m)登山 2017.05.20

函館から江差に向かう道路の中山峠手前から入る。なかなかわかりにくく二度行き過ぎた。ブナの新緑の季節で、山頂近くはダケカンバに混じって、たくさんのブナの木が見られた。 函館の下宿を6:00に出発。 ナビには江差を入れて、その途中の登山道入口を探す。 山菜採りのシーズンでいたるところに駐車しているのもまぎわらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北限のブナ林 2017.04.16 黒松内歌才のブナ林

雪解けの進むブナ林の根開き、を見にでかけた。曇り空で風は強いので水蒸気の漂う風景はあきらめていた。 函館の下宿6:00に出発し、黒松内JCから国道5号線を戻り、ナビを見ながら8:20に登山口駐車場についた。 冒頭の写真はその根開きだが、雪がかなり融けてしまっている。 今日もカメラはSONY DSC-RX10Ⅲ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館山(333m)登山 2017.04.01,2 トワイライト夜景の撮影

思いたって函館山に登ってみる。冒頭の写真は4月1日の夕刻。函館山管理事務所の駐車場に車を止め歩き始めて2合目には登山道に雪が付いてくる。 3月28日に札幌から洞爺経由で函館に入った。 朝4:00に札幌を発ち、2時間後には虻田洞爺ICに着く。 途中、中山峠を過ぎるところから降雪、喜茂別ではすっかり吹雪きになった。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

駒ヶ岳(1131m)登山 2017.03.11 好天予想のリベンジ登山

好天予想の土曜日、5:00に下宿を出発、冬の登山口でスノーシューを装着、6:00に登山開始。3日前からの降雪で新雪深雪の一人ラッセル。しかし強風の先週よりも快適に登る。 今日のカメラとレンズはSONYα7ⅱ+Vario-Tessar FE T*24-70mm F4 ZA OSSの標準ズームを装着。 夏道林道をもくもくと歩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駒ヶ岳(1131m)登山 2017.03.05 強風を突いて

土・日と風が強い。北海道の山岳気象予報でも強風による登山不向きの予報。剣ヶ峰の見える駒ヶ岳馬の背までを目標に登ってみる。 冒頭の写真は11:17馬の背到着時の写真。 写経を書き終え、18日からのMoさんとの知床岳遠征に備えて訓練のため風が強いが行けるところまで、と出かける。 今日のカメラとレンズはSONYα…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日暮山(330.4m)登山 2017.01.08 函館大沼を見下ろす

函館へ冬山装備を送った。手始めに日暮山(ひぐらしやま)に登ってみる。函館大沼公園を見下ろし、駒ヶ岳を西から見てみよう。冒頭の写真は7:50に日暮山山頂からの大沼。 日暮山は大沼の北西に位置し、山頂に駐車場もあるぐらいの低山で、市民の憩いの場だそうだ。 昨年末に雪が少なかったので、車で登ってみたが、天気が悪く再挑戦…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大平山(1191m)登山(2) 2015.06.11 オオヒラウスユキソウの咲く山  後半 

大平山登山(1)の続編  大平山登山(1)はhttp://yamatabi-junrei.at.webry.info/201506/article_3.html シラネアオイの群落、とにかくこの花も多い オオヒラタンポポ そして、これからが核心部の笹藪漕ぎ、方向を見失わないよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大平山(1191m)登山(1) 2015.06.11 オオヒラウスユキソウの咲く山を旅して

11日は天気が良いとの予報で、仕事の予定が無くなったこともあり、かねてより計画していた島牧村の大平山(おびらやま)に10日より向かう。写真はミヤマキンポウゲ、光沢のある豪華な花で山頂付近には一面に咲いていた。 北海道百名山の道南の山で登り残しの山、大平山、固有種のオオヒラウスユキソウが有名なのでおおひらやまと読んでいたが、おび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大千軒岳(1072m)登山  2013.10.14  新道から旧道を巡る周回登山

大千軒岳は日本三百名山であり、花の百名山でもある。1639年に106名の隠れキリシタン処刑の地でもあり、山腹に慰霊の碑が建つ。1896年に北海道で初めて一等三角点が設置された山でもある。 前日に悪天候の横津岳を登り、知内温泉経由で松前の道の駅で車中泊とした。 ipad miniで検索した大千軒岳のルートは渡島総合振興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横津岳(1167m)登山 2013.10.13 またまた雨中登山

10月13日は函館に向っていた。大沼から無料の高速に乗り、七飯大川ICで降り舗装道路を13km走るとゲートで遮断される。舗装道路を歩き2.1km、雨と風の中を上下のレインウエアーを着て山頂を目指す。 冒頭の写真は山頂に建つ航空監視レーダー施設。右の道路は烏帽子岳、袴腰岳への縦走ルート入り口 12日からの三連休はどうも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊楽部岳(1277m)登山 2013.10.06 道南のロングコースハイキング

遊楽岳(ゆうらっぷ)は別名で見市岳というらしい。道南の北海道100名山を紅葉の時期に登ってみた。 冒頭の写真は臼別岳からの遊楽部岳で、一番左端に山頂標識があるが、国土地理院の地図では右端のポコが最高峰のようだ。 初夏には体調が整わず、このロングコースに挑戦するのはためらわれたが、日高のイドンナップ岳挑戦のためには良い足慣らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙部岳(1,017m)登山  2013.06.23 嬉しい出合い

二週前の雄鉾岳に続いて、道南の北海道百名山「乙部岳」に向う。同じく道南の北海道百名山「遊楽部岳」と比較しながら登山計画を練っていたが、現在の体力を考えると8時間から9時間に及ぶロングコースの遊楽部岳は次回以降に回すことにした。 雄鉾岳ではしばらく振りの山行とタフな山で、初めて山頂直下で両足ふともも内側が攣り、15分ほど山道に倒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雄鉾岳(999.3m)登山  2013.06.09  ワイルドな沢と雪渓登り

雄鉾岳は北海道の道南に位置し、標高は低いもののひときわ目を引く山容である。写真は2011年5月3日に松前の桜祭りに行くのに、八雲から雲石峠を越える手前で撮影した雄鉾岳(おぼこだけ)。 2008年5月18日に熊石の「あわびフェスタ」からの帰り、おぼこ荘を過ぎた辺りで撮影した雄鉾岳、峻厳な姿に感動したものだ。 まず位置を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩場山(1520m)登山 2012.11.11  雲海の雪原山頂

北海道百名山 狩場山は道南最高峰にして、日本三百名山に名を連ねる。東・南狩場、前山、フモンナイ岳などと山塊をなし、日本海の茂津多岬(もったみさき)にせり出す。 コースは日本最高の標高に設置された茂津多灯台からのルート、新道ルート、旧道ルートとあるが、今回は比較的アプローチの容易な新道ルートをたどる。 冒頭の写真は島牧村に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長万部岳(972.4m)登山 2012.06.24

5合目から長万部岳を振り返って。雲がかなりかかってきた。今日は北海道百名山の黒松内岳と二山登山の予定。 黒松内岳を下りて、「狩場山駐車公園」で行動食をしっかり食べる。そして国道5号線に出て、二股温泉の看板のある右道路に入る。この道路も中山峠同様、土砂崩れて2週間ほど通行止めになっていた。 二股らぢうむ温泉との分岐を過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒松内岳(739.8m)登山 2012.06.24

長万部岳からの黒松内岳。今日は北海道百名山の黒松内岳と長万部岳の二山を登るべく、札幌を4:30に出発する。中山峠の土砂崩れによる通行止めも両側開通していた。蘭越辺りのコンビニで行動食類を調達する。 国道5号線を右折して黒松内へ向う道道9号線に入り、1kmで「狩場山駐車公園」。その先を左折して林道を6kmほど走り登山口。途中舗装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒ケ岳(1131m)登山 2010.10.09

駒ケ岳は北海道駒ケ岳とも呼ばれ、日本二百名山でもあり、当然北海道百名山である。大沼国定公園の北に屹立する剣ヶ峰の鋭鋒が特徴だが、生憎雲に隠れている。2000年の噴火で登山は馬の背(約900m地点)までしか登ることはできない。それもつい最近解禁になったばかりだ。 駒ケ岳の裾野は広く、火山礫の林道を延々と走り、6合目駐車場まで登る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館山(334m)・恵山(618.1m)登山 2010.10.08

2008年11月8日の基坂から見上げる旧函館区公会堂とその後方の函館山。2010年の10月8日は函館で仕事があり、ついでに北海道百名山の函館山と恵山、駒ケ岳を登るために、温泉好きのカミさんも連れて札幌を5:00に出発した。 午前中で仕事を終え、カミさんを函館山山麓の谷地頭温泉に降ろし、すぐ側の旧登山口から登ることにする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more