ニックネーム:山岳一歩の北の山旅・巡礼のブログです

北の山旅礼賛

アクセスカウンタ

zoom RSS 胆振東部地震 2018.09.06 3:08 ブラックアウトの恐怖

<<   作成日時 : 2018/09/14 15:53   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

胆振東部地震で突き上げるような振動で未明に眼が覚めた。停電、余震が続く中、私の山の道具、カミさんが用意していた防災ザックを集めて、山ラジオとヘッドランプ、懐中電灯を取り出して、情報の確認と水道水が出るようなのでポリタンクにかなりの量を蓄えた。

そうしておいて、次の余震に備えた。

棚から少し物が落ちた程度で、食器などの破損は全くなかった。

結局、丸一日の停電だったが、備えがあったのと被害に遭っていないので、それほど不自由なく過ごすことができた。

備蓄の食糧で買い物に出ることなく、過ごすことができたのは幸いである。

フード店、コンビニには相当長蛇の列ができたそうだ。


通電してTVの映像を見ると、凄まじい光景に唖然とした。

ラジオでは臨場感が伝わらない。


今度の震災で亡くなった41人のご冥福を祈ると同時に、被災地の一日も早い復興を祈るばかりである。

全国各地からお見舞いやら励ましのメール、電話、はがきなどを頂いた。



冒頭の写真は9月4日にトレーニングのため藻岩山に登り札幌市内を見下ろしたものである。

9日、10日に予定されていたゴルフ、ホテルなどは全てキャンセルした。


ただ、震災から一週間以上経過し、一応北海道内のJRも全線復旧して運行したようなので、15〜17日の登山は情報の取れない日高から大雪山に変えて実行することにした。

東京からのお客を迎えて、二泊三日のテント泊で日本百名山最難関の「幌尻岳」を計画していた。


それに先立ち、8日にも藻岩山に登ろうと出かけたが、台風21号の影響で風倒木が登山道をふさいでしまっていて登れず。
画像



この台風と地震の影響から、日高の山の林道、登山道の情報が入らない状況で登山するのは危険、と判断して被害報告の無い大雪山の旭岳から黒岳の日帰り縦走に計画変更した。








藻岩山の秋

まずは柴犬の「春」を連れて9月3日にトレーニング登山。


どうも、登りたがらない。

立ち止まってしまった。
画像











おやつをあげながら辺りを見ると、なんとキノコがたくさん。
画像










結局「春」は馬の背まで登らなかった。

キノコを採取してザックに入れ、下る。
画像











公園駐車場の近くでシラカバの木の上で食事中のエゾリスを見かけた。
画像











カミさんとキノコのサンプルを持ち、営林署に出かけて食、毒を確認してもらった。

忙しいところにお邪魔し、キノコを出すと大勢集まってくれたが、結論でず。


後で、藻岩のキノコの会の会長さんに確認した、と営林署から電話をいただいた。

名前は「サクラシメジ」、食べることができるそうだ。

美味しそうな名前だ。


北海道のキノコ図鑑では「苦味があるので湯だしをして、炒め物で食する」とある。

早速、お味噌汁にしてみた。
画像


結果は苦くて捨てた。

炒め物にしてみよう。








翌日、「春」を連れないで登ってみる。

全力ではなかったが、旭山公園から1時間10分で山頂に立つことができた。

これはなかなかのタイム。


下山途中で同じような場所で「サクラシメジ」を採取
画像











今度は湯だししてからベーコンと炒め物にしてみたが、やはり苦くて捨ててしまった。

ゴーヤほどではないので、食べることはできるが、美味しくないものは美味しくない。

毒ではないが、可食、程度。

残念なことをした。






12日は層雲峡で仕事、その日は宿泊して翌日13日の朝6:00前に宿を出て、三国峠に行ってみた。

宿を出る時はちょっと遅いかな、と思ったがまだ雲海が広がっていた。
画像


湾曲する松見大橋の上を走る牧草を積んだトラック、雲海の上に浮かぶクマネシリ山塊










陽が高くなる
画像












雲の切れ目の森林
画像












画像












ニペソツも雲に浮かぶ
画像











13日の仕事も早く終わったので、黒岳ロープウェーに乗ってみる。

15日には降りてくるルートを確認しよう。

すばらしい天気で、黒岳の山頂付近は紅葉が真っ盛り。

日本一早い紅葉だ。

ただ、台風や一月も早い初雪の影響で、今年の紅葉はいまいちだそうだ。
画像











黒岳ロープウェーの山の駅の屋上は展望台になっていたので、層雲峡側を見下ろしてみる。

彼方の山はニセイカウシュッペ山
画像












黒岳山頂部を超望遠で

招き岩と登山道、紅葉が見て取れる
画像













明日はここを16:00ぐらいに降りて来る。

いつもの山友のMoさんは黒岳から登り、途中の間宮岳付近で交差し、お互いの車のキィを交換することにしている。

こんな登山も楽しいだろう。

Moさんだけ単独行となる。









胆振の震源地と被災地の厚真の地滑りの脅威、厚真の火力発電所の損傷から発生した全道のブラックアウト停電、札幌清田、東区の液状化の被害、

この震災は多くの命と家屋を奪ってしまった。



影響は行楽シーズンの観光地のホテルキャンセルにも広がっている。

がんばれ、北海道、観光から応援しよう。

テント泊ではなく、層雲峡とトムラウシ温泉に二泊することにして、明日早朝に札幌を発つ。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無事で何よりです。久々の春ちゃんがかわいいです!でも春ちゃんも震度6の地震にはびっくりしたのでは?そして雲海の写真が見事すぎて見入ってしまいました。これは実物はさらに美しいのでしょうね!でも地震で崩れた山の斜面の様子がすごくて印象に残っています。山は美しいですが災害にはお気を付けください。
prosperity_pie
2018/09/15 10:53
トレーニングに春を連れて藻岩に登りましたが、台風で続けることが出来ず、運動不足でした。三国峠の雲海は見事でした。もう少し、時間が早いとまた違った景色が観れたな、とまたチャレンジを促されます。
未だ余震が続く被災地の復興を一日も早くと祈るばかりです。
山岳一歩
2018/09/18 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
胆振東部地震 2018.09.06 3:08 ブラックアウトの恐怖 北の山旅礼賛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる