ヒマラヤの頂 2018.12.16 第三位の高峰カンチェンジュンガ

画像

インド北東部の街「カリンポン」で知人の結婚式に参加。その翌日早朝に世界第三位の高峰「カンチェンジュンガ」を撮影に街の最高峰の丘に登る。

現地時間5:48ようやく日の出前だが、ヒマラヤの峰々が紅く染まり始める。









デオロヒルの山頂からならカンチェンジュンガが見えるのでは、と思い新郎の父に相談すると、その通りとのこと。

ホテルの庭から見えるデオロ ヒル
画像


結婚式の翌日16日の早朝に車を用意してもらい、出かけることにする。

新郎の父親の話では、5:00に出発して、朝陽が当たるのを待つのが良いとのこと。

陽上る前後に七色に輝くと

新婦の父と二人でタクシーに乗りヒルを目指す。

20分急登を車で喘ぎながら行くと、ヒルトップのホテルと展望公園があった。

まだ、暗闇の中、マグライトで道を探しながらだが、何分、初めての地なので方向が分からない。


ようやく当たりをつけて、別の方向へ行ってみると、運転手がいるではないか、早く教えてよ。

東屋やベンチもある。

やはり、展望台なのだろう。

5:32 ようやく東の空が白んできた。
画像










5:38 暗闇の中に白く浮き上がるものがかすかに見える。

カメラを覗くとISO6400でシャッタースピード1/30、これなら画質は悪いが手振れはしない、と念のため手すりに置いて撮影する。

とても肉眼では見えない山容だ。
画像











望遠でカンチェンジュンガを捉える
画像
















画像










この後、wifiの電波が弱く、pcの調子も悪いので帰国の24日まで更新できない。

まだ素晴らしい写真をたくさん撮っているので、アップを楽しみにしていて下さい。



一旦、更新をストップします。












この記事へのコメント

tetsu
2018年12月20日 15:05
ヒマラヤ登頂はしないのですか
折角麓まで行ったのですから挑戦してみてください
そうだかとマンスアゲハを土産に頼みます
tetsu
2018年12月20日 15:31
カトマンズアゲハです 訂正の仕方がわかりませーーーん
山岳一歩
2018年12月21日 11:27
修正はできないようで、一旦コメントを削除してやり直す必要があります。
不便ですね!
お土産はダージリンで購入したティーです。

この記事へのトラックバック