エゾオオサクラソウに会いに 2019.05.25 日高楽古岳の麓

画像

久しぶりにゴルフの無い週末、天気も良く気温も高くなる予報。エゾオオサクラソウに会いに南日高の楽古岳(らっこだけ)の麓を散策する。

何年か前の大雨による洪水で沢様相が変わり、登山路にたくさん咲いていたサクラソウがかなり少なくなっている。


前日から登山の用意をしておいて、札幌を 3:20 に出発する。

カメラはSONY DSC-RX10M4

沢の渡渉用にスパイクのすり減ったゴム長を車に積んだ。

飛び石の上のグリップが良い。

また、終点の楽古山荘まで車が入れるか、浦河町役場に確認しておいた。


高速利用で無料の日高道に入るが鵡川まで工事のため通行止め。

下道を走る。


途中で朝靄の勇払原野を見て、車を止めて撮影。

まずパノラマで(上下トリミングでパノラマ風)
画像

後方の山は夕張岳










下道を走っていてラッキーなこともある
画像















望遠ズームを利用して好きな構図にカット
画像















浦河から帯広に抜ける通称「天馬街道」を走る。

この時期、この年に生まれた競走馬の子馬が牧場に放されるので、その撮影も楽しみだ。

子馬集合、母馬1頭に子馬1頭なので、あと母馬が2頭画面に入っていない。
画像













駆ける小馬
画像













お母さんとスキップ
画像















お母さんにスリスリ
画像













子馬の駆けっこ
画像


草を食む時間が長いので、このように躍動的な写真は待たないと撮れない

まあ、楽しい画が撮れた。



国道から砂利道を10㎞ほど走ると楽古山荘(無人)の駐車場に着く。

ここまで 札幌から220㎞


到着すると、車は私の車1台だけ。

今日は土曜日で運動会が多い、それで天気は良いが登山者は少ないのだろうか?


入林ノートに登山を目的として、住所氏名を記入し 7:35 に出発する。

羆対策には熊鈴と撃退スプレーを携帯した。


いきなりの渡渉
画像

このような渡渉を6,7回して尾根道の付け根に着く。

その間にサクラソウの群落が広がる

シダの下生えと新緑の森を歩く
画像













シダも美しい
画像














画像














シダも生える時はものすごく精力的に見える
画像














河原は荒れている
画像















河原で子熊の足跡を見つけた

熊鈴だけでは沢音に消されるので、以降、大声を出しながら歩く
画像














フキノトウの花
画像
















雪渓がまだ残る
画像














約一時間で尾根に取りつく。

その手前にエゾオオサクラソウが倒木を床にして群生していた
画像






ゴム長で尾根を登ってみる。

30分ぐらい急登を辿り、どこかで小休憩、と思って何気無しに足元を見ると、この時期の日高特有の「ダニ」がたくさんズボンに貼りついている。

確かに尾根に取りついて、笹を漕ぎながら登ってきたので、さもありなん。

指ではじくこと30回、すっかり嫌気が差し、下りでゴム長では足のつま先が痛められるので、撤退。




取りつきまで急ぎ下って、小休憩、行動食とミネラルウォーターを飲む。

さて、また撮影しながら下山
画像

















エゾワサビの白い花
画像












新緑のシダ類がとにかく美しい
画像













新緑の登山路に出て、エゾハルゼミの大合唱に送られて下る。
画像












また、「天馬街道」沿いのサラブレッド育成牧場で子馬を撮る
画像














画像



三石の道の駅「歳三」の温泉で汗を流し、「ツブ入り蕎麦」をいただく。




帰りはノンストップで札幌まで戻ってきた。

帰宅は 15:00 、良い写真が撮れたな、と思う時は写真の整理が楽しい。

一気にブログまでアップしてしまった。







前日の24日早朝に気になっていた栃の木の街路樹を撮りに出かけた。

赤い花なので、交配で造ったベニバナトチノキらしい。
画像









シロバナもあるので、フランスの栃の木(マロニエ)は白ではないだろうか。

日本では工夫して実を食しているのに、ブローニュの森にはたくさん実が転がっていたが、誰も見向きもしなかった。
画像













画像













陽にかざすと抜けるような赤
画像














その後、旭山公園に登って、街を見下ろす

雲間から射す陽
画像












画像












画像













藻岩山中腹の仏舎利塔
画像



明日26日に仲間と藻岩山に訓練登山

暑くなるので6:00登山開始予定

旭山ルートを計画しているが、羆情報を登山口まで見に行った。

4月下旬に子熊が目撃されたらしいが、登山禁止にはなっていなかった。








この記事へのコメント

tetsu
2019年05月26日 06:03
あんたも好きね・・私は収穫の無い山歩きは出来ません
仔馬を見るとホーとします
prosperity_pie
2019年05月26日 08:21
きれいな写真にまた目の保養をさせていただきました。ありがとうございます。外出できないので写真で見せていただけてありがたいです。ダニとかクマとかお気を付けください。
山岳一歩
2019年05月26日 09:38
tetsuさん、山菜採らずに写真とるだけ、登るだけ、この無収穫がいいのです。
もちろん、登っている最中に行者ニンニクでも見つけたら、大休止ですね。
山岳一歩
2019年05月26日 09:40
prosperity_pieさん、日高は春はダニの宝庫、巣窟です。噛まれても何ということはないのですが、伝染病は困りますね。羆はめったに会いません。遭わないようにこちらの居所を知らせる必要があります。
今回の旅もエゾオオサクラソウばかりでなく、良い写真が撮れました。
prosperity_pie
2019年05月27日 08:04
昔東京都内に住んでいた時は駅から離れたところに住む友人は痴漢除けのために毎晩大声で歌を歌いながら帰宅していたそうで。かなりの美人アナウンサーだったのですが声が人一倍大きい上に絶叫さながらに歌いまくる姿がキチガイに見えたらしく効果抜群だったそうです。大声で歌いまくるのはクマよけにもよさそうですね!ちなみに絶叫謡はストレス解消にもかなり良かったそうです!
山岳一歩
2019年05月27日 10:59
prosperity_pieさん
羆は臆病な動物ですから、普段は潜んでいます。人間の所在を明らかにすればじっと潜んでいます。その傍を通ったことがありますが、ものすごい獣臭です。
自分では潜んでいるつもりでも人間にはわかります。
この場合は刺激せず、静かに離れることです。
その接近を避けるために沢音に消された鈴音の変わりに時たま、ウォーウォーと吼えます。声が大きい方が警告になりますね。
山歩きそのものがストレス解消なので大声出してもさほど変わりません。

この記事へのトラックバック