すばらしいオーディオ設備 2020.01.24 蒲田のアランフェス

DSC09793.JPG

東京での仕事が終わったその日、友人が経営する蒲田のジャズラウンジ「アランフェス」にほぼ2年振りに訪れた。

昨年末より店を再開したので上京の折に寄ってくれ、との連絡を受けていた。

一度閉鎖した、と聞いていたので喜んで訪問した。

カメラはSONY DSC-HX90Vのコンデジ


以前にもブログアップしたことがあるが、このオーディオ設備は彼の亡きお兄さんが釧路の阿寒町で自作していたもの。

そのままにしておくのは勿体ないと店を構えたのだが、事情があり閉鎖したのだった。


再開はとても嬉しい。

それにシステムも一段とグレードアップされている。

DSC09792.JPG

この二人はその友人の友人達、エンジニアだ

音をこよなく愛す、そしてジャズのファンでもある

残念ながら夜の店は営業しておらず、愛好家や友人が集まった時に開けるそうだ

昼は300円で音楽を聴きコーヒーが飲めるそうだ



スピーカーの間にあるのがお兄さんが組んでいたシステム

DSC09795.JPG


この40㎝ウーハスピーカーボックスは旭川の家具メーカーにオーダーしたもの。

欅の立派な造作、その上のコーンスピーカー、高音域のスピーカーを加えて完璧なスピーカー群で、大音響で聞いていても会話が支障なくできるのには驚いたものだった。


バージョンアップされていたアンプ

DSC09797.JPG



高槻電器工業の製品

私達二人の共通の友人が顧問を務めているらしい。

DSC09796.JPG




実はこの日開封されていない新しい高槻電器工業のアンプが届いていた。

数日後にはそこのエンジニアがセットに来てくれることになっているそうだが、お酒の勢いもあり開けてしまった。


なんと真空管と整流管が桐の箱に入っている。

DSC09798.JPG




これが真空管

DSC09803.JPG

美しい


真空管のガラスはロシア製と聞いてまた驚く


その下には約28㎏のアンプ本体が入っている

DSC09810.JPG

四角い黒い箱はトランス


その銘板、業界や愛好家の人なら知る人ぞ知るだろう

DSC09811.JPG





真空管をセット

DSC09815.JPG





整流管もセット

DSC09817.JPG


なんとこのセット150万円とか

お酒の勢いとはすごいものだ


セットが終わると聞かせてくれた

友人オーナーはもう購入する、と豪語


エンジニアのこの満足な顔

DSC09824.JPG




この人も

DSC09823.JPG




エイジング(慣らし運転)がもどかしい

次に行くときはもっとすばらしい音が聴けるだろう

そしてお酒は

DSC09826.JPG




実はオーナー友人は精密金属加工の会社のオーナーでもあり、こんなものを作っている

なんとS'NEXT Co.,Ltdの「final」というイヤーフォンのステンレス函体を造っていた

20170504132550[1].jpg


Heaven Ⅳの新品のセットをいただいてきた


左端が友人オーナー

真ん中は工作機械製作会社のオーナー
DSC09825.JPG


始めて会う人達と音楽を通じて楽しい一夜を過ごすことができた

至福の喜び


人生の中で新しい人との出会いはとても楽しいし嬉しい

新しいアンプのガードが取りついた、ちょっと石油ストーブみたい(失礼、しかし笑)
撮影している私が映った

DSC09828.JPG





名残り惜しいが帰る時間がきた

エントランス横にお兄さんが使っていた機器が陳列されていた

DSC09830.JPG



次は2月の始めに上京する予定があるので再訪する約束を交わした

上京する楽しみが増えた







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    ジャズもクラックも民謡も私にはすべて同じ音になる
    典型的な犬吠埼でカラオケも嫌い
    アンプも一時集めたが機械を集めただけでした
    でもゆったりしたところでコヒーを飲むのはいいですね
    2020年01月27日 07:56
  • prosperity_pie

    蒲田にそんな粋な店があるとは。まだ都内にいたら絶対に行ってました。残念です。真空管アンプって多分まだ未経験です。耳が悪いので聞き分けできるか(。´・ω・)?ですが一度聞いてみていものです。
    2020年01月27日 10:46
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    レコードを鑑賞するとてもアナログなことですが、いい音は一種の快感を伴います。最近はJAZZだけではなくクラシックも聞いてます。仕事の時のながらはだめですね。
    2020年01月27日 17:23
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    2016年の確か10月に初めて行ってブログを書いていました。
    その時はかなりマニアックに機器の名前などを書いていたものです。今回は美しい真空管が見られただけでもとても興奮する一晩でした。
    2020年01月27日 17:25