富良野を往く 2020.02.08 十勝岳連峰の夕景を撮りに

DSC04902.JPG

富良野に一泊予定で撮影に出かけた。
土曜日の8日10:30に札幌を出て、高速道路にのり滝川から富良野を目指す。

富良野の宿は当日の朝にネット検索して最安値のドミトリータイプを予約した。
軟弱にも車中泊を嫌った。

冒頭の写真は狙い通りの夕景の十勝岳、旭川に向けて走っている時は雲が掛かり、諦めていた。
おまけに月まで出てくれ、いい位置にいてくれた。
時間は16:19
カメラはいつもの SONY DSC-RX10M4

雲がかかるなら撮影は明日の朝に賭けて、上富良野郊外にある「後藤純男美術館」を訪れてみた。

登山の時にしょっちゅうこの辺りを通り気になっていた美術館である。

DSC04842.JPG
残念ながら3年前に亡くなっている。

昭和30年代に北海道を旅して風景画を描き以来、最後は北海道で、と思っていたそうだ。
上富良野市がいち早く手を上げて、この地に居と美術館を構えたとのこと。

美術館は美瑛の丘に建つ。

エントランスに入るといきなり十勝岳噴火の写真が出る
DSC04829.JPG
大火砕流が麓まで流れたそうだ。
十勝岳はそのような活火山である。

後藤純男は勲章を授与されている
DSC04833.JPG



美術館の収蔵品は多い
かなりの大作もある
DSC04839.JPG



DSC04841.JPG





斜里岳
DSC04850.JPG






富良野岳
DSC04852.JPG





DSC04855.JPG
二階にはレストランもあったが、食事は済んでいたので今度の機会にする。




美術館を出ると、雲の切れ間から富良野岳が見えた
ヒマラヤ襞がとても美しい
それに裾野の針葉樹に積もる雪も美しい
DSC04873.JPG




駐車場からは美瑛の丘陵が見える
夕方の斜陽が当たりとても美しい色合いだ
DSC04878.JPG



美術館の屋根からのつららと西富良野岳
DSC04880.JPG




富良野の宿に向けて走ると、直線の道路と夕日に染まる芦別岳と西富良野岳が見え、とても画になる
DSC04888.JPG




国道と並行に走る道路が富良野に近づいた時、冒頭の山が現れた。
相当気温が低い、薄手の手袋をしているが手がかじかむ

月を入れて十勝連峰の全景を捉えた
DSC04915-1.JPG



画像を処理してパノラマ風に切り取ってみる
予想以上の出来だ、これが撮りたかった
DSC04915.JPG




宿は富良野の駅前、こんなルーム
寝るには困らない、この日はこの部屋には私一人だった
DSC04920.JPG
宿には外人のスキーヤーもかなり泊まっていた

明日に備えて早く寝よう

パソコンで今日の分だけ編集した
満足のいく画が撮れた
明日の朝はどうだろうか







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    何時までも気持ちは若いね
    でも車中泊はやめてキスーヤーベット・・これも若い
    無理しないでよ
    2020年02月10日 10:11
  • prosperity_pie

    一緒に見ていた母が開口一番寒そう!と大騒ぎしていました。そして美術館のポスターに写っているインスタントコーヒーが懐かしいと。十勝岳の噴火写真すごいですね。絵も素晴らしい!北海道にはたくさんの芸術家がいたのですね。あと家の母が宿泊所のベッドを見てびっくりしてました。こんなところで寝れるの?と。。。お若いですね!
    2020年02月11日 14:24
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    もう、車中泊しんどいなぁ、と安宿を探しました。
    ニセコに飽きた外人スキーヤーが北の峰スキー場を目指してかなり来ています。
    宿は新しい宿で外人客や廉価なので家族客などにぎわっていました。
    翌日-30℃ですから、予感的中、車の中で凍死寸前でした。
    2020年02月12日 08:11
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    何か予感がして宿を取りました。正解でした。
    -30℃での車中泊は経験がありません。
    -20℃までです。それでも車内の霜取りは大変でした。
    宿はスキーヤーズベッドで俗にいう蚕棚ですが、施設は新しく外人客が大勢いました。窓が小さくてカーテンがいらないなぁ、と思わず笑いました。
    山小屋宿泊を考えればこれでも贅沢なほどです。
    暖房が入っていますから。
    2020年02月12日 08:16