利尻島に渡る2/4 2020.04.18 利尻山中腹まで登山そして眺望

DSC07546.JPG

冒頭の写真は沓形からの登山道避難小屋からの山頂、右がお社のある山頂だ



沓形港に向かって利尻山が綺麗に見えた。

利尻島は周囲約60㎞の車道が一周する。

360度利尻山を見ることになる。

沓形に入る前に見えた利尻山、溶岩台地の上に聳える

DSC07524.JPG





山頂をズームアップ

右の肩が三頂山、今日の目標の山だが、雪面クラストしていたらかなり厄介

DSC07525.JPG

迫力あるなあ

この調子でいろいろな角度で利尻山を撮影してみよう。



鴛泊港から左周りで沓形港に入る手前に、利尻山登山口がある。

三度目の路なので迷いもせず登山口への車道に出たのだが、封鎖されている。

まだ時期が早かったのか、ネットで検索しても登山情報がなかったのでさもありなん。


諦めて帰ろうとしたら、軽自動車が一台、ゲートを難なく開けて行くではないか。

声を掛けてみた、この上は5合目駐車場まで路が開いているのか、と。

地元の人は開いてるよ、とゲートを閉めようとするので慌てて、私が閉めるから、と先に行ってもらった。

車道は完全に雪は無く開いていた。

山菜取りのおじさんかな、と思ったら、駐車場でスキーにワックス掛けしている。

どこまで登るのか、と聞いたら避難小屋の上まで、とのこと。


さっさと身支度整えて、すぐ傍の斜面から登っていった。

登り右の沢をスキーで降りてくる、とのこと。


私も登山靴に履き替え、スパッツを装着、雪面でスノーシューを履いて後を追った。

その前に駐車場から山頂が窺えたので撮影。

DSC07528.JPG

これまた角度が違う山頂を撮ることができた。


すぐダケカンバの森林限界を抜ける。

雪はやや腐り気味だが、シュプールが消えずに見えるのでルートは問題ない。

登山道とは違う尾根筋を歩いている。

これが積雪のある春山登山の良いところだろう。

DSC07536.JPG




後ろを振り返ると海が見える

DSC07534.JPG



笹薮上を歩いているので、時々足が埋まる。

それほどひどくないので、徐々に高度を上げる。

前方に先行者が見える。

もうすぐ避難小屋に着くようだ。

DSC07540.JPG






山頂方面がまた別な角度で見える

あの肩が三頂山だろう。

DSC07538.JPG





高度を上げるに連れ、違った姿が見えてくる

山頂も見え始めた

DSC07543.JPG





冒頭の写真をまた載せる

この右が山頂だ、あのお社の建つ山頂

DSC07546.JPG




10:52 半ば埋もれた避難小屋の屋根の上に到着

屋根の一部を入れて眼下を

DSC07547.JPG




礼文島が綺麗に見える

DSC07548.JPG




礼文岳をズームアップ

DSC07549.JPG




ここで、休憩、行動食を食べる

しかし、この上は雪面がクラストしていてアイゼンは持ってきているが、ピッケルを忘れたので危険だ。

この地点は7合目手前の880m。


利尻山は1,719mなので、ほぼ半分ぐらいだろう。

これから上は全く冬山だ。

ここを今日の山頂にしよう。

上を見るとシールを外してもう少し斜行して滑っていった跡がある

DSC07551.JPG





山頂部を見ると、以前登った記憶がよみがえってくる

DSC07552.JPG


下りはいつも早い

雪もずっと腐ってきて良く足が抜けた


彼のシュプールはまだ新しく樹林帯に消えた

12:00過ぎに駐車場に戻り装備を解いて、登れた実感に浸る


さて、これから温泉にでも行こう

その前に島の周囲から利尻山を観よう、撮ろう。


今度で5度目の渡航だが一度も観光したことがない。

まずは、仙法志の御崎公園から利尻山を見てみよう。

DSC07554.JPG

この辺りは溶岩でできた岩壁が続く




ウミネコの群れ

DSC07556.JPG





パノラマ撮影、山が海から立ち上がる様がわかる

DSC07560.JPG




ここからの山頂部は少し雪が溶けているように見える

左の肩が三頂山だ

DSC07562.JPG





岬を離れて、鴛泊方向へわずかに進んだところに南浜湿原がある

小さな駐車場に車を入れて湖面に映る利尻山を写してみる

DSC07564.JPG

どうも水草が邪魔をする。



ここからの山頂部も美しい、近くに石田製菓の白い恋人の包装写真を撮影したところがあるはず

DSC07565.JPG

また、鴛泊港に向けて走る




オタトマリ沼から

ここは良く整備されたところだ

やはり山頂がとてもすっきりと美しい、白い恋人の写真の近くだ

DSC07568.JPG




山頂部

DSC07569.JPG




ウミネコがたくさん集まっている

DSC07573.JPG

夕方や明け方は良さそうだ



ここからは第三部に譲ろう

まだ刺激的な利尻山を紹介できるだろう










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    山を見ると登りたくなる性格は・・・・
    女体山を克服するときと同じ思いなのかなー
    三蜜回避ナーンテ言っているがただ山登りと温泉三昧で
    楽しんでいるだけでしょ
    2020年04月21日 08:17
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    良く性格わかりますね。
    始めて登った登山らしい山は日光の女峰山でした!
    趣味全開です。
    家にいると邪魔にされるんで
    登山に温泉なんですが、今回は美味・珍味は無し
    寂しいものです。
    2020年04月21日 09:26
  • prosperity_pie

    白い恋人のあの入れ物の風景は北海道の景色だったんですねー。びっくり。ぱっと見たらカナダのビクトリア州の湖と山の景色に見えました。今でもこんなきれいな景色が残っていたんですね、北海道!素晴らしいー。
    2020年04月23日 10:47
  • 山岳一歩

    prosperity_pieさん
    文中にも書きましたが、5度目で初めて観光しました(笑)
    こんなにいろんな角度から楽しめたのです。
    白い恋人の包装紙の写真もかなり吟味したアングルだったのですね。
    とても静かな美しい朝でした。
    2020年04月24日 11:11