藻岩山登山 2021.02.28 山と温泉の会

DSC00105.JPG

2月の最終日、晴天の藻岩山に登る

旭山公園駐車場から見える藻岩山


8:00前に駐車場に着いたが、かなりの登山者と犬などを連れた人達の車で中央部のスペースに止めるしかなかった。


今日も私を入れて5人のグループ

出発の支度

DSC00104.JPG




登山道に取り付く手前で

DSC00106.JPG




下の駐車場との分岐で軽アイゼンを装着

DSC00107.JPG





旭山公園コースはいくつかの小さなポコを越しながら標高をあげる

昨日の雪は踏みしめられ、今朝は気温も低いので歩き易い

DSC00108.JPG

こんな林間コースを歩く



午後にはかなり気温が上がるので午前中が勝負


9:07 視界が開けて札幌市街地が見えると歓声が上がる

DSC00109.JPG




藻岩山もだいぶ近づいてきた

DSC00110.JPG




今日のカメラはサブカメラのSONY DSC-HX90Vのコンパクトカメラ

ポケットに入れて携帯する



T6分岐、馬の背と少しの休憩を入れながら高度を稼ぎ、9:50 に山頂に立つ

DSC00111.JPG





円山を眼下に、後方には日本海が広がる

DSC00120.JPG





札幌市街

DSC00116.JPG





豊平川の流れ

DSC00117.JPG






ロープウェー施設、今はコロナ禍で山頂施設とともに閉鎖されていた

DSC00119.JPG






札幌ドームを望遠で

DSC00118.JPG





山頂施設の屋上から南側の樽前、恵庭岳を望む

DSC00112.JPG




DSC00114.JPG




記念撮影

DSC00113.JPG




定山渓方面 左から神威岳、烏帽子岳、百松沢山

DSC00115.JPG





山頂施設

DSC00121.JPG




日陰に入ると寒さが身に染む

10:15 下山開始




11:06 T6分岐(小林峠コース分岐)で休憩

DSC00122.JPG





見納めの藻岩山

DSC00123.JPG




下りは慎重に、雪が腐る前に降りることができた


11:30 下山

予定通り


雪山を楽しむことができた

晴れていればなんてことない山だが、一旦吹雪かれたら冬山なので注意が必要


今日は本当に登山者が多かった


札幌市内中央区の温泉「極楽湯」で汗を流し、ビールで乾杯


14:30 から場所を替えて昼飲みに予約しておいた円山公園駅近くの居酒屋でしっかり飲んで食べた。



3月は支笏湖周辺の山「紋別岳」(866m)に登ろう




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • tetsu

    藻岩山は登山でなくハイキングでしょ
    どこの温泉に入ったの
    2021年03月02日 18:12
  • 山岳一歩

    tetsuさん
    夏ならハイキングですが、冬はやはり登山ですね。
    防寒装備、アイゼンなどを持ちます。
    足をくじいたら2~3時間は救助を待たねばならず、その間の防寒は考えないといけません。
    温泉は中央区の極楽湯です。
    ここで昼飲みもできますよ。
    2021年03月06日 18:58